竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



フランチャイズにおけるノウハウのパクリについて考える<その1>

フランチャイズにおける「パクリ」について 。

 

 

パクる=人の物を盗む、こと。

 

 

詳しい解説をひもとけば、

1980年代に入ると音楽や小説などの作品、さらにキャラクターやブランドなどで、他者のアイデアや特徴を流用、真似することもパクるというようになる。

ということで、他人の「アイデア」を盗むことも

「パクリ」。

 

 

そして「アイデア」というのは、

ビジネスにおいては、儲けるためのコツ、

=「ノウハウ」に限りなく近い。

 

 

で、

 

アイデアやノウハウのパクリ、

というのはどこまで許されるのか?

 

という話。

 

 

芸術やデザイン、小説や音楽、

なんかの分野と違って、ビジネスにおいては、

「パクリ」がどこまで悪いのか、

どこまでなら許されるのか?

はかなり難しい問題です。

 

 

流行りの店を研究して、

その成功要因を分析、

その成功事例に学んで、そのとおりにやり、

自分の商売を成功させる、というのは、

ビジネスとしてのひとつの戦略。

 

トリンプの吉越浩一郎さんも、

「TTP=徹底的にパクる」というフレーズで、

この考えを世に広めた。

 

 

だから、街を見渡せば世の中「パクリ」だらけ。

 

 

とくに世の中の流れ、「流行」を追うことが、

人気店をつくるコツである「飲食店」は、

「パクリ」は常套手段です。

 

 

流行っている店をそのままマネて、

似たような店を作る、それだけで全国2000店舗

展開する飲食チェーンがあるのです。

 

流行ってる店のストアコンセプトから、

内装外装、メニューまで全部マネて店を作る。

 

 

そしてそこの社長は、

「研究してブラッシュアップした」

と言い切るわけです。

 

そして、お客はお客で、

 

和民が先か魚民が先か、

月の宴と月の雫で何が違うのか。

塚田農場と山内農場でどちらがウマイのか、

 

よくわからない、人も多いわけです。

 

 

となれば、この会社がパクリ戦略で、

流行ってる店に似たような店を

全国にどんどん作れば、

お客さんは喜ぶ、という理屈も成り立ちます。

 

 

セブンイレブンとローソンとファミマで、

パクリ問題、なんて騒ぎませんから、ね。

 

 

さて、フランチャイズの話になりました。

 

 

実は今回この「パクリ」について書いたのは、

「エコランドリー マンマチャオ」に加盟した企業が

自社でコインランドリー本部を立ち上げて

堂々とFC募集している、

なんてことが起きているからです。

 

 

この企業はダスキンの小さな加盟店から始めて、

そこから東証一部上場企業になった会社。

ウォーターサーバーの宅配大手、N社です。

 

で、そんな立派な会社がFCに加盟して、

ノウハウをパクって、FC本部をスタート。

 

これはダメでしょ(笑)。

 

そう、ダメなんです。

 

 

 

契約違反?

 

もちろん機密保持や競業禁止という

FC契約に抵触します。

 

だからダメ?。

 

 

もちろんそういう意味でダメ、ですが、

それとは違う意味で、

 

こんなパクリ方でFCがうまくいくと思ったら

大間違い!

 

つまり、

このFCはうまくなんかいくはずない、

という意味の、

 

ダメ

 

なのです。

 

 

なぜか?

 

 

それは次回に。

 

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSuKwK2w7OWv6qmwvo3BmVUiF8TM49mE65rViGgoP6QzgcykldNTw

<写真イメージで本文と直接関係ありません>

 

 

幻冬舎さん主催でFCセミナーをやりました!

昨日は幻冬舎さんでこのセミナーを開催。

FCショーも情報誌も教えてくれない、伸びるFCのノウハウから裏話まで公開する合同セミナー第2弾開催!!<イベント情報>幻冬舎plus編集部 - 幻冬舎plus

 

 

竹村が現在支援している

FC本部のの5社の社長を集めてのセミナー。

 

生憎の雨でしたがほぼ満席、

沢山の方々にお越しいただきました。

 

f:id:ytakemura:20170614162232j:image

 

 

時系列で言うと、

三原社長の『エコランドリー・マンマチャオ』

を支援しだしたのが6年前。

今月で330店舗。

 

林社長の『日本初! 授業をしない塾 武田塾』

のFC化に着手しだしたのが4年弱前。

こちらも120教室。

 

続いて上原社長の

『Shienグループ』の就労移行支援事業のも、

2年半で20拠点を超えました。

 

 

そしてそれに続かせようと昨年からFCモデルの検証を

「0次募集」という形でやっているのが、

鬼頭社長の『資格スクエアリアル』

枝光社長の『心身健康倶楽部』

 

 

「成功しているFC、これから成功するFC」は

その他大勢のFCとどこが?何が違うのか?

 

がテーマだったセミナーですが、

どこまで伝わったか?

 

 

セミナーで「その答え」なんて言ってません。

 

 

5人の社長たちが、

楽しそうにフランチャイズを拡げている。

 

 

それが伝われば、答えはほぼ伝わるのでは、

と思ってます。

 

 

後半の質疑応答では、

 

「それぞれの社長の年収はいくらですか?」

 

なんて質問も出ましたが、

 

そんな質問にも各社長が

それぞれ楽しそうにリアル年収額を答えてました。

 

 

そういう雰囲気、が大事なのです。

 

 

伸びているFC本部の社長というのは、

「楽しい」のです。

 

なぜなら加盟した方々が成功して、

喜ばせているから。

 

 

一方で伸びてないFC本部の社長は、

ツライのです。

クレームばかり、だから。

 

それでも何とか加盟を増やそうとすれば、

「裏表」のある社長になる。

そういうのってやはりバレる、のです。

 

 

だから、昨日のセミナーでは自然に、

社長たちの

 

無茶苦茶楽しそう

 

なところが伝わったら成功、だと思ってます。

 

 

この企画、半年に1度のペースでまたやりたい、

と思っています。

 

またblogを再開しようと思った理由

また、blogを再開したいと思います。

 

前回の記事が3月3日ですから、100日ぶり。

 

1年半前まではコンスタントに書いてましたが、

そこから何回か挫折。

何度か「再開!」といってまた書かなくなり、

まるで誰かの禁煙宣言みたいな感じに(笑)。

 

 

 

なぜ書かなくなったか、といえば、

単純にビジネス上の役目が薄くなった、から。

 

ストレートにいえばblogを書かなくても

売上があがるようになったから、

ですね。

 

 

 

いちばん最初のblogはlivedoorで、

2010年の6月、ちょうど7年前。

 

そこからAmeba→FC2と乗り換えながら

ずっと書いてきました。

(FC2分は本ブログから読めます)

 

 

 

なぜずっと書いてきたか、といえば、

blogからの「集客」で竹村のビジネスは成り立っていた、

からです。

 

それが、1年半くらい前からもうblogを書かなくても

ビジネスが成り立つようになってきました。

 

書いている時は好きで書いているつもりでしたが、

やはり「集客」の手段として書いているという思考が

どこかにあるわけで、

その目的が達成されると、これは続かない、わけです。

 

 

 

「書く」ことにより情報発信は、

毎週日曜日に出しているメルマガ

「新フランチャイズ発想法」

で継続しています。

 

そして、「集客」という意味では、

昨年からA.verの林さんとやっている、

FCチャンネル(ブランドアカウント) - YouTube

からの流れが確実にできてきており、

「集客」手段としてのblogの役目は終った感が

強いわけです。

 

 

 

このYouTube番組をやってみて、

文字情報より動画!が強い

ということを強く強く実感しています。

あらゆる面で効率がいいのです。

 

「集客」や「検索」などのことは考えず、

日々の出来事や活動を綴っていくblogもいいか、

と思いましたが、それはFacebookや、Instagram

でしょう。

 

 

 

それなのに、なぜまたblogを書こうと思うのか?

この本を読んだから、ですね。

 

f:id:ytakemura:20170612164411p:image

 

 

日本のフランチャイズビジネスをつくった方、

として尊敬する、CCCの増田宗昭社長のブログ本。

 

社員に向けて書かれた文章で、

増田さんが自分の思想、哲学を伝えていこう、

という内容。これがスゴくいい。

 

 

「集客」のためにSEOを考えながら、

「独自の尖った考え」日々書いていくblogというのは

もはや時代遅れなのではないか、というのが

今の竹村の感覚です。

 

しかし、

「独自の尖った考え」を主観的な正しさとして

をメッセージで伝え続けていくこと、には価値ある

と思い直した次第です。

 

 

 

なので、本を読んでくれた方や、

FCチャンネル(ブランドアカウント) - YouTube

などを通じて竹村を知っていただいた方々と、

価値観を共有していくために、

日々考えていること、をこのblogで発信していきたい、

と思っています。

 

増田のブログ CCCの社長が、社員だけに語った言葉

増田のブログ CCCの社長が、社員だけに語った言葉

 

  

「武田塾」のFCはどの駅なら開校可能なのか?という問題

今の青さをなくさないでね〜♪、竹村です。

 

 

昨日は、四谷での「心身健康倶楽部」パーソナルトレーニングの後、定例MTG。ジムではナント、何年ぶりかの68キロ台の体重を見ましたっ(笑)。前日は焼肉だったし、深夜の2時、3時までガールズバーで柿の種、とか食ってても、週1のトレーニングで確実に痩せていく!さすがの枝光理論。

パーソナルトレーニングジム新宿 四谷(四ッ谷)中高年専門の心身健康倶楽部

 

 

その後は「武田塾」FCを新規で希望される方との面談を、四谷@ルノアールにて。

 

話題の中心は開校エリア、というか「どこの駅なら出せるのか?」という問題。

 

f:id:ytakemura:20170303124843j:image

 

 

路線図に、開校済の校舎がマークされ、そこから現行ルールである「快速10分」の範囲を除くと、正直首都圏は出せる駅がかなり少なくなります。

 

その少ない中からどの駅を選ぶか?

 

 

 

先日のこのブログに書きましたが、現状かなり武田塾のFC展開は首都圏偏重になっていますので、これからは「地方都市」になりますね。


 

ytakemura.hatenablog.com

 

 

 

 

ただそうはいっても「地方」もポテンシャルの高い駅から、順に埋まっていきます。ポテンシャルなんて難しい言葉使わなくても、ほぼ「人口」ということ。

 

 

竹村もかなりアナログに、手帳にこんなもの貼ってたまに眺めているわけですが、もう人口50万以上という地方都市はかなり埋まってきており、30万人以上、という都市がこらから決まっていく、という感じです。

 

f:id:ytakemura:20170303125044j:image

 

 

まぁ、人気のあるFCでエリアの争奪戦になるのは、常、です。

 

 

 

「マンマチャオ」も当然ながら今、陣取り合戦、ですね。

www.nikkei.com

 

 

 

本日はこんなところで。 

なぜFC運営代行型FCは成功例がないのか?〜「武田塾FC投資型 ver.」の説明会!

ゴメンナサイわざとつけたの、恋のmarking♪、竹村です。

 

 

昨日は「武田塾FC投資型ver.」の説明会。

 

f:id:ytakemura:20170228124613j:image

 

「投資型」でできるFCは、これまで本部による運営代行&業務委託型という形が多かったのですが、失敗例が多いのです。

 

正確に言えば「成功例がほとんどない」でしょうか。

 

本来は「儲かるビジネスモデル」をFC本部自身が人を教育してマネジメントして運営するわけですから、成功して当然、のはずなんですが、そこがフランチャイズというビジネスの難しいところ。

 

 

なぜFC本部の運営代行型、業務委託型は失敗するのか?から考えた、今回は新しい形です。

 

 

 

今週土曜日に第2回を開催しますが、定員に達しため締め切っています。

 

次回の予定は未定ですが、関心ある方は下記のフォームからエントリーしておいていただければ、次回日程が決まりましたら案内させていただきます。

<投資型>武田塾説明会

 

 

本日はこんなところで。

 

会社を辞めて独立して会社つくって仕事をうける、という話

 前を見ててよほらカーブ〜♪、竹村です。

 

 

昨日は西新宿、京王プラザホテルで始まり京王プラザで終わる面談三連発。

 

ここは「車」移動の方は使いやすいみたいですね。

 

ただ、初めての方にご案内すると結構な割合でフロアーを勘違いされる方がいるのが難点。駅から歩いて1階から入ったつもりが実はそこは2階、みたいなことが起こるホテルです。

 

最後の面談は18時からなのでメインバー<ブリアン>で。

途中からピアノ演奏が始まっちゃうので少し調子狂いますが、ゆっくり話ができます。

 

f:id:ytakemura:20170222140932j:image

 

 

お相手は、「武田塾」本部の株式会社A.verの社員から独立して自分の会社をつくったK智さん。

 

A.verの社員から独立して」といっても、そのままA.ver関連の仕事をメインにしていく、という形の独立。今まで社員としてしていた仕事を、これからは自分の会社で受ける、ということですね。

 

実はA.ver社は、他にもそういう形で仕事をしている幹部もいます。竹村もある意味A.ver社のFC開発の仕事を自分の会社で受けている形。

 

A.ver社はそういう仕事人たちの集合体になりつつありますね。

 

 

今後こういう働き方は増えていくのではないか?と思います。

 

こういう働き方=社員として勤めて給料をもらうのではなくて、スモールカンパニーつくって会社として仕事を受ける、ということです。

 

 

もう、30年どころか、5年、10年なんて先のことを考えて会社に勤める時代じゃないですよ、と思います。

 

 

本日はこんなところで。

 

今週もまた「就労移行支援」の事業所案内からスタート!

もう絶対許さない 邪魔してあげる〜♪、竹村です。

 

 

 

昨日月曜日、今週もまたまた「就労移行支援」の事業所案内からスタート!

 

 

f:id:ytakemura:20170222134256j:image

 

 

千葉県でフランチャイズの個別指導塾を経営されている方。開業8年目とのこと。

学習塾を経営されている方だと、「就労移行支援」事業のモデルはかなり分かりやすい、はずです。

 

一言で言えば、「就労移行支援」事業=障がいをもった方を起業に就職させるための予備校、みたいな事業ですから。

 

 

 

「Shienグループ」の事業所で、月間実績のレコードを更新し続けていた小林さんが、今は本部で各事業所の立ち上げ支援を担当。

 

 

f:id:ytakemura:20170222134227j:image

 

 

 そして、昨日はその後、久しぶりにFC比較サイト「フランチャイズの窓口」の運営会社である、イデアリンクの島袋社長と会いました。

 

www.fc-mado.com

 

 

「FC比較サイト」は竹村としては非常に微妙な位置づけです。少なくとも「武田塾」や「就労移行支援」でこの種のサイトに加盟募集広告を掲載する、ということは考えていません。

 

 

フランチャイズ・チャンネルでもそのあたりの考え方は話しています。

 

www.youtube.com

 

 

島袋社長とは付き合いも長いので、そこは理解してもらってますので、広告を載せませんか、という提案ではありません。

 

 

 

もちろん「FC比較サイト」自体を否定する、というつもりはありません。このサイトを使ってFCを成功させていく本部がある、というのも事実です。

 

ただ、実態はヒドイFCでもこのサイトではそれが判断できず、加盟者が集まってしまう、そこが問題なので、このようなサイトに頼らない「独自で加盟者を集められるFC」をつくりたい、と思っているわけです。

 

 

本日はこんなところで。