竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



ワタミとトリドール どちらも「好決算」ではありますが・・・

竹村義宏のフランチャイズBlog

今週もはじまりましたっ。

 

このブログは、月~土曜日の毎日更新、の方針でやっていきます。

 

日曜日はメルマガを配信しています。こちらは「ほぼ週刊」の配信で、昨日配信号で127号になりました。

竹村のメルマガ第127号

 

今号の内容は、

1)業績好調の「ワークマン」のFC募集を見る

2)キッザニア住谷社長の「フランチャイズ語録」

そして、編集後記は、

3)園山真希絵さんの「想い」に思う です。

 

世間を騒がせた塩谷瞬さんの二股騒動ですが、そこから「学ぶ」こともありますね。

 

 さてさて、 各企業の12年度3月期の決算が発表されています。

ワタミ12年3月決算(日経ニュース)

 

増収増益の好決算といえますが、記事の通り、明らかに「介護」と「高齢者宅配」の事業の伸びによるものです。 「本業」である「外食」はまだまだ厳しい。 ワタミの「外食」:「介護」の比率には注目していますが、この決算でも利益的には半分以上の利益を、 新規事業である、 「介護・高齢者ビジネス」 であげている形になります。 13年3月の見込み、も同時に発表されていますが、 営業利益予想95億の内訳は、 外食35億、介護50億、その他10億です。 この来期見込みの中では、外食部門の「回復」も見込まれていますが、 不採算店の閉店 + 海外店舗の積極出店 が寄与するものです。 ワタミのこの決算を見る限り、 「若者の居酒屋離れ」 の流れは止まっていない感じです。

 

ただ、同じ「外食」でこんな好調決算もあるわけです。

トリドール12年3月決算

 

「丸亀製麺」のトリドールが従来予想を大きく上方修正した好業績です。 610億円の売上から、67億円の営業利益は見事です。 ということで、 いくつかの外食各社はここの「セルフ式」をマネて人件費その他を削る業態のリリースを発表してます。 リン○ーハット とか。 「形」だけマネすればうまくいく、ほど甘くはありませんが。

 

本日はここまで。