竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



新規開拓営業力が必要な商売で起業するな!

竹村義宏のフランチャイズBlog

「金環日食」見れましたね。 竹村の住むマンションでは、あちこちからスゴ~いと歓声が。 昨日、メルマガを更新しています。

メルマガ「新フランチャイズ発想法」第128号

 

今号のメイン記事は、 「自己資金ゼロからの起業を考える」 です。 発想の転換の重要性について書きました。 「少ない自己資金で起業しよう!」という層はどんどん増えているので、そこをターゲットとしたフランチャイズや代理店募集広告も増えています。 ただ、安易に飛びついてはダメですね。

 

例えばこれ、

未経験からOKの保険代理店 

 

未経験からでも、自己資金ゼロでも開業できる保険代理店ですね ただ、当たり前の話ですが、 「開業できる」のと「成功できる」のは違います。

 

「開業できる」のと「その仕事で食っていける」のも違います。 「保険代理店」という仕事で食っていくには「営業力」 が必要なのです。 それも「保険」という超成熟市場での「新規開拓営業力」です。

 

この仕事でサラリーマン時代の倍の年収、倍の自由な時間、これを手に入れることは不可能ではありませんが、それには「営業力」が必要なのです。 立場を変えた視点から、考えると良くわかると思いますが、この保険会社は自社で営業マンを育成管理するより、独立希望者を募って、代理店制度の仕組みで行うほうが、コストが安い(会社が儲かる)と判断しているわけです。 もちろん、代理店の方々が「売り易いようにTVCM等に力をいれて知名度はあげてくれますが。

 

ただ、営業して契約をとってくるのは、自分自身です。 本社から、「資料請求のあった契約見込者リスト」が提供されて、その方にアポをとって合えば良い、というような甘い仕事ではありません。 正直なところ、ゼロからの保険代理店営業は、相当な「営業力」を必要とします。 そんな「営業力」があれば、サラリーマンならかなり出世し、年収も高いはずです。 また、そんな「営業力」があれば、他のどのような起業でも成功できるのでは?と思います。

 

個人起業希望者のほとんどは、そんな「営業力」は持ち合わせていません。 新規開拓できるような力は、用意されている「営業研修」で簡単に身につくようなものではありません。

 

ですから、「営業力」とくに「新規開拓営業」をし続けなければならないようなビジネスを選択するのは、かなりリスキーなことだと思います。

 

本日はここまで。(明日につづく)