竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



楽しませて盛り上げて延長させてしまう「ラウンドワン商法」のスゴさ

竹村義宏のフランチャイズBlog

昨日UPしたラウンドワンさんのネタでもうひとつ。

 

放送でもフォーカスして取り上げられていた部分ですが、 ここの、 楽しませて、盛り上げて、延長させてしまう というノウハウはスゴイと思いました。

 

今時のお客様ですから、当然料金には敏感です。ですから、最初の入り口は「安心の時間料金制」になっており、それ以外には中でどの遊びをしようと料金はかからないというシステムです。ここで入る時の「安心感」を与えています。 しかし、そうやって「安心」して入ったお客様も、かなりの方が「延長」するわけです。 ここは他のビジネスにも通じる肝の部分であり、今、ビジネスで成功するためのかなり重要なポイントだと思います。

 

気に入った方が、沢山お金を使ってくれるのです。 そして、それによってお客様は更に満足するのです。 この感覚が大事だと思います。

 

ラウンドワンの事例を見て、 最初にあんなに追加料金がかからないという事を気にしていたお客様に、「延長」させるようなイベントとか、仕組みを作っていったら、お客様は「結局もっとかかる」と感じて離れていってしまうのではないか?と感じるような感覚だったら要注意です。

 

最初はお財布の中身を気にして入ってきたお客様も、大いに盛り上がったら、喜んで延長し、沢山お金を払い、また来るのです。

 

竹村のビジネス関わっているビジネスでいえば、 学習塾 でも同じことが言えます。 成功している教室ほど生徒一人当たり単価というのはかなり「高く」なります。 これも、塾に、先生に「ハマった」子どもが、どんどん講座を追加していくのです。そして当然ながらたくさん勉強するわけでですから、成績も上がります。 最初は安い講座料金で入ってきた生徒が、どんどん講座をとっていく。 この流れがあるので「学習塾」というビジネスは良いのです。

 

話を戻すと、 「満足したお客様がどんどんお金を使って、更に満足してくれる」 これが良いビジネスです。 そういう事でいうと「AKB48」なんかがまさにそのビジネスモデルなんだ、ということがわかります。一人のファンがCDを10枚、20枚と買って更にファンになる。 この感覚です。

 

本日はこんなところで。