竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



マリッサ・メイヤー、カルロス・ゴーンの年収で考える日本の鎖国

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。竹村です。 月曜日です。 昨日までの肌寒い気候はどこへやら、今日はかなり暑いですね。

 

さて、先週末のニュースになりますが、Yahooの新CEOがマリッサ・メイヤーさんに。

 

・1975年生れの今年37歳女性。

・13年前に従業員20人のGoogleに就職。

・待遇は5年で7100万ドル(約56億円)+ストックオプション

 

どれもこれも、日本の企業常識では考えられませんね。 そして、完全にライバル企業への移籍、スポーツでも電撃移籍でしょう。 ドラスティックですね。

 

そして、13年前にGoogleは20人の会社だった、というのも改めて考えると驚きますね。 経済のグローバル化の進行で、世界経済の壁がなくなると言われてますが、この数字だけみたらまだまだです。

 

日本の周りには見えない鎖国の壁がまだまだある気がします。

 

少し前に、日産の決算発表でゴーン社長の報酬が9億8700万との公表がありました。 トヨタの全役員の役員報酬を足してもこれを上回らない、と話題でした。 ゴーン社長は、 「日本人には馴染まない報酬額だが、トップの高額報酬は絶対必要」と言い切りました。その理由は、ただ一点、 「最高の人材を確保するため」とのこと。

 

今回のマリッサ・メイヤーさんのニュースを聞いて改めて、それがグローバル経済の中での常識なんだ、と思いますね。

 

さて、こんな年収話を聞いて、これから起業を考えらる方はどうでしょう まさしく、「桁違い」で関係ない、と思われる方が大半かもしれませんが。 ひとつ、具体的なアドバイスをすれば、 「とにかく食っていければいいんです」という目標設定はダメ ということです。

 

大きい、小さいの問題ではなく、「目標設定」の仕方が間違っているのです。

 

「サラリーマン時代の給料を上回ればOK」なんて目標設定でスタートしたら、いかにサラリーマン時代が恵まれていたか、自分が独立オーナーに向いていないか気づくだけです。

 

学習塾の起業でいえば、1教室をなんとか成功させることだけ考えている方より、3年後に3教室、5年後には10教室、と考えている方が、「立ち上げ期」を順調に乗り切る率が高いのです。 今はお金がなくても、最初の教室で儲けて次の教室に投資していけば良いわけですから。

 

本日はこんなところで。

 

昨日、メルマガ更新しています。

メルマガ「新フランチャイズ発想法」 第137号