竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



スマホ「アクセサリー・周辺機器」市場はもうすぐ1000億円!

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。竹村です。 昨日の経営者勉強会で話題になっていた話をひとつシェアします。 それは、 スマートフォンの「アクセサリー」「周辺機器」市場 の拡大ぶり、です。 どんな商品か?と言えば、 誰でも使ってる、スマホカバー。こんなのもあるんですね。
グルマンディーズ ガチャピン MEDIAS WP専用 キャラクターソフトジャケット FT-22GRグルマンディーズ ガチャピン MEDIAS WP専用 キャラクターソフトジャケット FT-22GR
(2011/09/20)
グルマンディーズ

商品詳細を見る
近頃同乗させていただく車でこんなのもよく見ます。
EXOGEAR スマートフォンホルダー exomount ブラック 各種スマートフォン対応のクリップ型ホルダー 車載&卓上向け E394EXOGEAR スマートフォンホルダー exomount ブラック 各種スマートフォン対応のクリップ型ホルダー 車載&卓上向け E394
(2011/09/05)
EXOGEAR

商品詳細を見る
そしてこんなのまで。 スワロ不スキーの「スマホ ピアス」ですか。
今大人気!!  iPhone スマホ 携帯ピアス イヤホンジャック  SWAROVSSKI ブルー今大人気!! iPhone スマホ 携帯ピアス イヤホンジャック SWAROVSSKI ブルー
()
スワロフスキー

商品詳細を見る
Amazonで検索するだけでも800以上出てきます。 大型電気店で見てもどんどん売り場が拡大している感じ。 で、この「スマホ 周辺機器」という市場は、 現在なんと、 900億! の規模まで拡大している、とのこと。 この2年で3倍の成長のようです。 そして誰が考えてもまだまだ伸びます。 市場予測では2016年には2680億円!です。 自分自身、そして自分の周りを見てもここに結構お金を使ってますから。 スマホの本体は「ゼロ円契約」で手に入れて、こんなところにお金を使ってる、という方は多いです。 スマホアクセサリーというのは、ファッションなんですね。 iPhoneアクセサリー市場はアプリ市場より成長する!?<ビジネスメディア誠記事 自分の服はジーユーで買ってお金を使わなくても、スマホは可愛くしたいわけです。 ファッションですから。自己主張ですから。 似たようなところでは、この市場も同じ感じ。
i-Beans iPad 2 / (第3世代) 新しいiPad 用合革レザーケース オレンジ スタンド仕様+横開きタイプ 液晶保護フィルム付 全9色 Leather Case for The New iPad / iPad 2(1406-4)i-Beans iPad 2 / (第3世代) 新しいiPad 用合革レザーケース オレンジ スタンド仕様+横開きタイプ 液晶保護フィルム付 全9色 Leather Case for The New iPad / iPad 2(1406-4)
()
i-Beans (iPad 2 / The New iPad)

商品詳細を見る
竹村はこれの「グリーン」を使っています。 iPad本体は4万円台で購入しましたので、その価格の1割以上する「カバー」をあまり迷うことなく買うわけです。 iPad本体の方は「価格.com」のようなサイトで、どこが何百円安いか?なんて検索するくせに、カバーは「どの色にするか」だけ迷って買ってるから不思議です。 やはり、ファッションであり自己主張なんですね。 で、何が言いたいか、というと、 スマホiPadアクセサリー・周辺機器」市場 のような、急成長市場はある、ということです。 どんなに財布の紐が硬くなった、デフレデフレだ、といっても伸びてる商売、というのはあるわけです。 GDPだって、伸びてない、1995年と同じ、失われた20年、中国に抜かれた!と言われて久しいですが、 どんどん減少し続けている わけではありませんから。 1995年と同じだけの経済規模はあるのです。 要は、iPadの「中身」の部品を作っていた「エルピーダメモリ」はグローバル競争に負け倒産しましたが、「外見」「周辺機器」を作っているメーカーはボロ儲け、というところもある、ということです。 「起業」を考えるにも、「フランチャイズ選び」にもこの視点はもっておくべきです。 「低成長下の成熟経済の中でのビジネス」を成功させるには? という視点です。 「低成長」「成熟」「少子高齢化」社会の中で、 伸びる可能性のある商売 比較的堅い(安定した)商売 は何か? ということは常に考えておくべきですね。 今回はこんなところで。