竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



オルフェーヴル無念、起業したらギャンブルは厳禁です!という話

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。竹村です。 昨晩のオルフェーヴル凱旋門賞は本当に残念でした。 圧倒的な強さを見せつけながら、クビ差で2着。 これが「競馬」ですし、やはり90年の歴史の壁、があるのでしょう。 それにしても美しい馬です。 勝負服とゼッケンの赤が、「栗毛」によく似合ってます。 お父さんのステイゴールドは、小さくて黒光りする馬でしたので、 馬体は母系の血が強く出ていますね。 この鮮やかな「栗毛」はノーザンテーストの「栗」ですね。 なんて書くと、 竹村さんは競馬をやるんですか? と聞かれそうです。 お答えすると、かなり好きで詳しいですが、 「ギャンブルとしての競馬」はやりません。 1年に何回かノリと付き合いで馬券を買う程度です。 なぜ好きなのに馬券を買わないのか? その理由はただ一つ。 「起業する方にギャンブルは厳禁!」 とお伝えしているからです。 趣味、遊び程度ならいいでしょう、という考え方もありますが、 「ギャンブル」というのはその域でおさまらなくなる方が必ずいるのです。 「ギャンブル」というのは人間という生き物の根源的な欲求と関係していて、 「依存症」 という症状を引き起こします。 「依存症」は心の病気、ですから自らの意志なんかでは治せないのです。 と書くと、 パチンコ好き、競馬好き、 という方から、 「私はギャンブル好きなので起業には向かないでしょうか?」 という質問が出そうです。 これには、ひとつの処方箋があります。 それは、 自分の起業をギャンブルだと思って取り組むこと です。 起業というのは「自分がレースで走る」ことなのです。 自分がレースに出て、その自分の馬券を買うギャンブルです。 どの馬が早いか、勝つかなんて競馬新聞を見て予想するのではなく、 自分の商売のマーケットをよみ、戦略を立て、リスクをとって施策を実行するのです。 だから面白いのです。 竹村なんか常にそういう感覚でした。 小さなビジネスアイデアフランチャイズになり、それが全国に拡げていく。 これは見方を変えればひとつの「ギャンブル」です。 そういう意味では、 全てのベンチャービジネスは、壮大なギャンブルです。 だから、SoftBankの孫さんや、ユニクロの柳井さんは、「勝負師」なのです。 オルフェーヴルの話題から随分話が大きくなってしまいました。 もう一度、言います。 起業したらギャンブル厳禁!です。 自分で走って、自分の馬券を買うのです。 「宝くじ」もダメ。 一攫千金は自分の商売で狙いましょう。 本日はこんなところで。 竹村が「競馬好き」になったのはこの方の影響が大きいです。 高校生くらいで愛読しました。。。
馬敗れて草原あり (角川文庫)馬敗れて草原あり (角川文庫)
(1992/03)
寺山 修司

商品詳細を見る