竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



フェイスブック活用のFC情報交換サービス登場!~フランチャイズの窓口

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。竹村です。 昨日の 「サイレントプアー」 =声なき女性の貧困 についてはかなりの反響ですね。 このブログのメインテーマでありませんので、 あまり深くは突っ込みませんが、 とにかく、 「目先」の問題解決にあがくのではなくて、 もっと、 「遠く」=長期的視点 で考えることですね。 そもそも、どこかで、 「脱線」してしまい、「方向」が間違っているわけですから、 いくらあがいて、頑張っても解決しません。 さて、さて、昨日紹介するつもりだった、 こちらのニュース。 竹村が色々とコラボしている、 フランチャイズの窓口 の新企画が、先週金曜日の「日経MJ」で紹介されています。 要は、 フェイスブックで、 フランチャイズに関する「情報交換」ができる 「グループ」をつくる、 ということです。 「SYABERIBA(シャベリバ)」 という名称になるようですが、 FC本部、加盟検討者、FCコンサル等、 様々な立場の人間が参加して、 情報交換する「場」をつくろう、という発想です。 面白いと思いますね。 それぞれの立場からの 「生の」情報交換 はお互い役立つはずです。 この「立場の違う側」のリアルな情報 というのが本当に大事なんです。 そんなことをしたら、すぐに「炎上」的にヒートアップするんじゃないか? なんて考える方もいるかも知れませんが、 もはや、そういう感覚は時代遅れ、だと思います。 簡単に「炎上」するようなところは、 リアルにすでに「火」が回っているのです。 大本営発表的広告宣伝の言葉ではなく、 また2ちゃんねる的匿名中傷の言葉でもない、  本音の言葉=リアルな情報 が交換されることを期待します。 フェイスブックの「グループ内情報交換」の仕組みは、 今後のFCの業界を変えていく、 とまで思っています。 竹村の、「新フランチャイズ」の考え方の中に、 「加盟店フォローはSVからSNSの時代へ」 というのがあります。 スーパーバイザーが店舗を回って巡回指導するよりも、 加盟店同士の横のつながりを活性化させるために、  SNSフェイスブックのグループ を活用していく というものです。 もはや、「成功ノウハウ」はそのような形で共有されていく時代です。 セブンの鈴木さんが、 「分割して統治す」を徹底して、 オーナー同士の横のつながりを排除した話は有名ですが、 それはもう「昔話」です。 本日はこんなところで。