読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「oh庭ya(おにわや)」で目指す「30年続くFC」とは!?

その他
竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。竹村です。 昨日は、「oh庭ya」さんで増島社長の動画ビデオの収録をしてきました。 竹村との対談形式です。 左が増島社長。 東京本社のビルにある緑いっぱいのスペースで撮影しました。 色々と面白く実のある話が収録できましたが、 その中で、 増島社長が、いちばん強調したいなぁとおっしゃっていたのが、 「これは30年続くビジネスなんだ」 ということ。 実際、高齢の植木屋さんが「やめられない」理由は、 「お客さんから呼ばれちゃうから」 であり、 だから、 体の続く限り ということになるわけです。 「30年続くビジネスモデル」というのは、フランチャイズとしても珍しい、です。 基本、現在の流れは、 「低投資で始めて、短期で回収する」ところをPRするFCが多く、 その裏には、 5年後すら読めないリスク があるわけです。 こんな、 一見「地味」で、ニッチな商売で、 なおかつ労働集約型 というビジネスだからできること、です。 『一見「地味」でニッチな商売で、なおかつ労働集約型』 だからこそ「企業」からしたら割に合わない商売です。 でも、だからこそ、 「個人が一人で取り組む」究極のスモールビジネス として最適なのです。 現在「加盟募集に関する資料」等、鋭意作成中です。 もう少々お待ち下さい。 今回はこんなところで。 「oh庭ya」さんの考えとは違う部分も多いですが、 「業界研究本」としてはGOODです。
誰も教えてくれない「植木屋」商売の始め方・儲け方―「趣味」と「実益」を兼ねた生涯現役の職人誰も教えてくれない「植木屋」商売の始め方・儲け方―「趣味」と「実益」を兼ねた生涯現役の職人
(2006/09)
谷島 光雄

商品詳細を見る