竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



訪問医療マッサージ「こころ」の愛知県は一旦FC募集終了します

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。竹村です。 新しい週が始まりましたが、関東は冷たい雨。 さて、本日はひとつお知らせが。 竹村のオススメFCである、 訪問医療マッサージ こころ について、 「愛知県」についてFC募集を一旦打ち切る という報告を水野社長から受けました。 愛知県は、「訪問マッサージ」が多少先行して浸透していることもあり、 「こころ」でも問い合わせ、契約とも一番進んでいる地域です。 で、現在の契約先と契約見込み先で、当初の「予定数」を超えることから、 新規募集を一旦終了する、わけです。 ただ、ここで、 希望者が多いなら、どんどん加盟してもらえば良いのでは? 説明会でも早く数を展開して「ブランド」効果を、と言っていたのでは? という考えもあるかもしれません。 確かに、「1年で全国100店舗」を実現する、 という話をしていましたが、 現在の好調な加盟進捗を見ると、それは達成されそうです。 となると、 というか、 今本部にとってそれ以上に重要なのは、 「早期に加盟した加盟店が上手く立ち上がるか」 ということなのです。 正直、加盟契約を増やすよりそちらの方が余程大事なのです。 そのために、 「限定」した先を本部として成功に導く、ということです。 愛知県で一次加盟した10店舗の大半が、当初のモデル収益を上回って推移している、 という状況が半年後のイメージでしょう。 「反応がいいからどんどん加盟とってしまえ」というスタンスでは、 半年後に、 「加盟はしたが立ち上がらず」 という店舗が増える危険があるわけです。 商圏がバッティングして狭くなる、ということもあるでしょうし。 FC本部というのは目先の「短期」ではなく、 「長期」、少なくとも「中期」を見なけらばならないわけです。 現在、「oh庭ya」の初期募集スタートについて、 最終段階の詰めですが、 こちらも、 「目先」ではなく、「中長期」を見据えて募集開始したいと思います。 今回はこんなところで。