竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



業績好調!センチュリー21のFCノウハウとは!?

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。竹村です。 12月16日の衆議院総選挙。 これは思いのほか盛り上がるのではないでしょうか。 まず、 そんなことかよ? と言われそうですが、 時期が良い です。 今年やり残したことは・・・と考える師走ですし、 年が変われば変わるぞ!という期待感もある師走です。 「政治には期待しないがそれでも投票にはいこうか」 というムードが進むのではないか? と期待します。 今の状況で、「今度こそ政治に期待しよう」というのは無理、というものです。 それでも、「選挙には行かないと」というところからです。 石原さんと、橋下さんの「第三極」も形になるようなならないような・・・ですが、 やはり、マスコミの報道を追っていくと、 橋下さんの対応の上手さ、テレビ視聴者レベルの民意の掴み方の巧みさは、感じます。 ゴタゴタする中で、自分の株を上げていく感じです。 石原さんは・・ これは以前メルマガでも書きましたが、 この方、突出した「行動力」はありますが、皆をまとめていくという「リーダーシップ」はありません。 「行動力」と「リーダーシップ」は全く別の代物ですからね。 さて、本日はフランチャイズ関連でこのニュース。 センチュリー21ジャパン、増収増益 正直、これだけ不調な不動産業界、で伸ばすのは見事。 中身を見ても、これまでFCが無かった北海道への進出で、 「加盟金」収入もありますが、 「ロイヤルティ」にあたる数字も伸びています。 このセンチュリー21がFCである、ということを知らない方も多いかもしれませんが、 ここは完全な企業。 というより、 「直営店が一店舗も存在しない」 というある意味珍しいFC。 完全に「FC本部」だけの会社なんですね。 街の不動産屋さんが、ここのFCに入るメリットはいくつかあるわけですが、 その最大のものは、 お客様から「安心感」を得られる、ということです。 本部の研修もそのあたりをいちばん力を入れています。 「接客・マナー」の点ですね。 あの「制服」もそういう意味で非常に重要なのです。 かって、「不動産屋」というは、「接客マナー」が悪いお店が多かったわけです。 くわえタバコで商談しちゃうような。 そこを革新したのがこの「センチュリー21」というフランチャイズなわけです。 街の不動産屋のひどい接客に、「何あのおやじの態度!」と怒った客が、 ここなら安心、と「センチュリー21」に行くわけです。 これは大きいですね。 とくに、業界全体として、 「接客」「マナー」ができていないという業界は、 よくこのFCを研究したほうが良いですね。 「接客・マナー」による差別化 という視点で。 「訪問医療マッサージ こころ」の水野社長も、 「最終的には、接客・マナーなどのサービス業としての完成度の勝負になる」 と語ってますし、 oh庭yaの増島社長も、 「oh庭ya」が伸びたのは「技術」じゃなく「接客」で売ったから、 と強調されます。 本当にそのとおりなんですね。 本日はこんなところで。