竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



総選挙結果・・・民主党の3年間をフランチャイズで考えると!?

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。竹村です。 総選挙は予想通り、 なんだか良くわからないが、民主だけは嫌 という選挙だったようです。 それはそうでしょう。 この3年間余りの民主党政権を、 「フランチャイズ」に例えれば、 直営実績(←与党経験)すらない本部が、 「モデル」収支(←マニュフェスト)だけ儲かるようにつくり、 「儲かりますよ」といって加盟店大募集を行い、 結果、やってみたら全く立ち上がらない という状況でしょう。 フランチャイズだったら「被害者の会」とかできてるレベルです。 「信頼」なんて取り戻せるはずもありません。 ただ、有権者としても、きちんととらえなければいけません。 根拠のない「モデル収支」を示されて、 それに「儲かりそうだ!」と飛びついたのが3年前、ですから。 もう自民党はコリゴリ、と言って民主に入れた、 で、やらせてみたら民主はもっと酷かった この「経験」はそのまま記憶しておかなければなりません。 そして、 いい事だけ並べた選挙前の約束に騙された という経験も。 政権を奪還した自民党には、 民主党の失敗はそもそも、その前の自民党の失敗からつながっている という正しい認識をも持って、 「経験値」を活かして欲しいですね。 しかし、「維新」と「みんな」は予想以上に票を獲得しました。 あの「チルドレン以下」のような候補者たちで「54」とる橋下さんの力は相当です。 石原さんと、「未来」が出てこなければ、もしかしたかも?とすら思います。 選挙直後から石原さんと橋下さんの意見違いが問題になってます。 首相指名投票に関して、 「多数決、民主主義のイロハ」から安倍さんだ、という橋下さんと、 「他党党首に入れるなんて論外」平岩氏に、という石原さん。 個人的には、かなりの確率で、石原さんが早々に身を引くのでは、と思いますが。 どうでしょう。 今回はこんなところで。 民主党を離脱した議員の民主党批判本。 竹村の中学、大学の先輩でもあり、読んでいた本。 前回は追い風、今回は・・・やはり厳しかったですね。
民主党大崩壊 国民を欺き続けた1000日 (双葉社新書)民主党大崩壊 国民を欺き続けた1000日 (双葉社新書)
(2012/10/10)
小泉 俊明

商品詳細を見る