竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「フランチャイズ起業」で日本復活の火を灯せ!

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。 3連休は平日よりも忙しい、竹村です。 本日も午前中にSkype面談、 午後はヒーローズの説明会開催、 そして、夕方新浦安に戻り面談です。 さて、景気の「気」の部分は、実感として良くなっているのでしょう。 「気」=気分が良くなったことで、 どれだけ財布の紐が緩むか? が、「鍵」ですが。 ただ、秋の「消費税増税」最終決定のための「4~6月のGDP」を上げること と、何より 「7月の衆議院選挙」までは、政官あらゆる力が結集するでしょう。 やはり、今回見ていて思うのは、 「消費税増税」という目標において、「財務省」も味方 というのが大きいですね。 日本というのは、「官僚の国」ということが良くわかります。 ただ、「株高」「円安」だけで日本経済が復活するわけではありません。 「株」は「期待感」だけで上がり、「実態」が怪しいとなれば真っ逆さま、です。 「円安」で言えば、「120円」まで達してもデフレは解消しなかった、という過去もあります。 安倍さんの「これまでとは全く別次元の規模で(金融緩和・公共事業)をやる」 という発言にしても、 「金融緩和」「公共事業」は自民党が長い間やってきた政策であり、 その効果は薄かった わけですから、「別次元の規模」でやるのは当たり前でしょう。 今まで飲んでたのと同じ薬、 ですから、  朝晩2錠づつ、じゃなくて5嬢づつ という話です。 副作用はもちろんありますが、流石にそれだけ飲めば「効く」だろう ということに期待しているのが今の「景気」です。 以上どうも、期待に水を差す、ような書き方になっていますが、 竹村的には、 あくまで、 「起業する方が増え、その方が成功していくことによってこそ、日本は復活する」 という日本復活論、です。 何万、何十万、何百万という方が起業すれば、 日本にも、アップルみたいな会社が出てくるかもしれない。 そんな会社にならなくても、 「自分の食いブチは自分で稼ぐ」 という方が増えれば、確実に今の日本経済が抱える「構造的問題」は解消します。 この数年間とくに、 「日本人」のダメな部分 が語られることが多かったわけですが、 やはり、世界的に見て 「日本人」ほど優秀で、バランスのとれている 国民は少ないと思います。 ただ、戦後教育と経済大国ボケの問題もあり、 一般ピープルに、  健全な  「起業スピリット」「起業マインド」 が、育つ土壌が無かった、だけです。 「フランチャイズ起業」という分野で小さくても確実な火をアチコチに灯していきたい、と思います。 本日はこんなところで。 「人気ブログランキンングに参加しました。 まずは目標「50位」超え!
起業・独立 ブログランキングへ 日本の「政官分離」というのは、幕府と朝廷の鎌倉時代まで歴史を遡るわけで・・・
財務省 (新潮新書)財務省 (新潮新書)
(2012/06/15)
榊原 英資

商品詳細を見る