竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



昨日の大雪に思う、「商売の原点はマッチング」ということ

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。 「oh庭ya」説明会準備中、の竹村です。 さて、昨日の首都圏の雪には少々オドロキましたね。 この程度でも雪に慣れていない地方は大変です。 予報の段階では、1週間程度前から、 「月曜日の関東地方は大荒れ」といわれていましたが、 それは「大雨」ということでした。 そりゃ、これだけ寒ければ「雪」になる可能性も考えないではないですが、 まさか、 「これほどの雪」 になるとは思わないわけです。 天気予報が外れた原因、はきちんと分析されていますね。 都心の積雪可能性小さい…予報が外れた理由は<gooニュース 14日未明に「積雪の可能性は小さい」と発表し、同日午前中には、「大雪警報」ですから、 問題視されていますが、上を読めば天気予報なんて紙一重、ですね。 ただ、起業する商売によっては、 毎日の天気予報 というのは、売上を大きく左右するものであり、 「天気予報なんて外れることもある」 なんて能天気なことも言ってられません。 例えば、「宅配」関係。 ピザ屋、寿司なんかのFCがありますが、 「悪天候」はある意味、稼ぎ時です。 買い物に出たくない家庭が「宅配」を頼むからです。 ただ、昨日の関東のような「吹雪」、路面凍結、 というような状態になると、 宅配バイクが危険で運転できないため、閉店 という事態になります。 難しい、ですね。 「大雨」ならかなり売れたはずですから。 竹村も、とある事情と、ちょっとウォッチしてみたい、 という気もあり、 嵐のような吹雪の中、近所のスーパーに出かけました。 そしたら、このとおり。 お客は竹村の他に誰もいません。 従業員も1/3くらいで。 そこの弁当コーナーを見たら、ナント「全品70%引」。 しかし、お客が来ないんですから、何割引にしても売れません。 恐らくあのまま売れ残ったでしょう。 この光景を見て思うのは、 商売というのは「マッチング」が全て ということ。 どんなに需要があっても供給と「離れて」いてはお金に変わりません。 昨日のような状況であれば、 マンションの中で買い物にも行けず、 コンビニにすら出れず、 あの弁当がたとえ、いつもの「倍」の価格でも買いたい という家族は多数いたはずです。 しかし、買えません。 店から見れば売れません。 こういう「予期せぬ大雪」になると、必ず出てくる、  金物屋のスコップ ですが、あれも多くの店が「在庫」の20本、とかを売ったら売り切れ。 あれば100本でも売れるんですが。 ただ、何年かに1度、のために100本もの在庫は抱えられません。 というように、 「商売」の原点は、 売りたい人と買いたい人をマッチングできるか? です。 Amazonなんかは、まさに ネットの時流にのったマッチングビジネス であり、だから強く、今後もますます強くなるでしょう。 「手数料」ビジネスこそ最強 とも言えるわけです。 今回はこんなところで。 「人気ブログランキングに参加しました。 ワンクリックが励みになります。
起業・独立 ブログランキングへ コンビニなんかでは天気、気温だけでなく、「前日比の体感温度」が重要な指標だそうです。
これでわかる天気予報の科学: 予測の基礎と10のポイントこれでわかる天気予報の科学: 予測の基礎と10のポイント
(2012/06/30)
山本 光義

商品詳細を見る