竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



サイゼリヤ正垣社長の経営塾に、東進ハイスクール時代の「理念」の大切さを思う

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。 体罰、暴力、パワハラの線引きは難しい・・・竹村です。 ホモとオカマとニューハーフ、みたいなもんですかね。 (↑これは見る人が見れば線引けますね) さて、先日このブログで取り上げた、 サイゼリヤ経常利益率10.1%!の「全ては生産性」の発想に学ぶ サイゼリヤのい正垣社長がまた良い事言ってるんで紹介。 日経で正垣社長の「経営塾」が始まるんですね。 企業理念は本当に必要か  サイゼリヤ会長の経営塾(1) とにかく「理念」が大事であり、 そして、 「理念」がきちんと浸透した状態をつくることは難しい ということです。 難しいからこそ「価値」があり、 それができれば企業は伸びる、という話です。 で、サイゼリヤの「理念」はどんなものか? といえば、 「人のため・正しく・仲良く」 です。 何だそれ?小学生じゃないんだから!なんて思う方もいると思いますが、 そこに理念の大切さの「本質」があります。 <以下記事から引用です>  もっとも、理念を実践し続けるのは難しい。あるいは、実践が難しいと分かっているから、わざわざ理念として書き記すのだ。ある程度の規模になった会社で、「お客様のため」という理念を持たないところは、多分、無いのではないだろうか。  では、「お客様のために頑張ろう」とみんなで誓い合った1時間後に、「今、お客様のために頑張ろうと考えて働いていた?」と聞いてみてほしい。きっと、「いいえ…」と答えるだろう(笑)。それほどお客様のために頑張り続けることは難しい。だからこそ、その理念をどこまで徹底できるかで差が開く。 <ここまで> 皆で誓い合った「1時間後」にもう出来ていない、 のが「理念」なんですね。 「お客様のため」←こんなに簡単そうで難しいことはないわけです。 竹村としては、「理念」の大切さを学んだのは、 20年位前ですね。 当時、新卒で入社した東進ハイスクール(株式会社ナガセ)で、 東進衛星予備校というフランチャイズ の開発をしていました。 その時属していた事業本部に、本部としての「理念」があり、 それが、 1.生徒第一主義 2. 収益重視 ・・・ というものでした。 で、 この「順番」が大事だ、 と教えられたわけです。 収益第一ではない、まずは絶対に「生徒」のことを優先して考える、 しかし、「生徒のことだけ」考えて儲からなければ、存続できない。 ということです。 常に新しい施策をやる場合には、 「それは生徒のためか」「生徒のメリットは」 と考える。 多少生徒の満足度は下がりますが、その分収益率がこれだけ上がります、 みたいな提案はありえないわけです。 しかし、一方で、 教育業界というのは「生徒の事しか考えられない」という方もいるわけです。 当初フランチャイズに加盟した塾の先生方にも、そういう方はかなりいました。 目の前の生徒のことは親身になって考えるが、目先の経営すら考えられない、 という方です。 そういう先生方に対しては、 収益を重視していかなければ、(塾がつぶれて)生徒に大きな迷惑がかかるんですよ、 と教えていかなければならないわけです。 これがなかなか簡単にはいかないわけですが、 ある時、 本当の生徒第一主義を貫けば、収益につながるんだ ということが、わかるわけです。 全国でそういう「一皮むけた」先生方が増えていき、 東進衛星予備校というフランチャイズは伸びていったわけです。 そこにあったのはやはり「理念」です。 理念経営というのは恐ろしく難しいものだ、と認識しても、 FC本部としては必ずその方向で取り組まなければなりません。 そして、FCを選ぶ側としては、 「そこに愛はあるのいかい?」 byひとつ屋根の下 ならぬ、 「そこに理念はあるのか?」 の視点で本部をみるべきですね。 本日はこんなところで。 「人気ブログランキングに参加中! ワンクリックが励みになります。
人気ブログランキングへ この本には若き日の竹村の話もでてきます・・・。 ブックオフの100円コーナーで見かけたら是非(笑)
東進ハイスクールの挑戦―ナガセがめざす教育イノベーションを探る東進ハイスクールの挑戦―ナガセがめざす教育イノベーションを探る
(1990/02)
鶴蒔 靖夫

商品詳細を見る

東進ハイスクールの挑戦―ナガセがめざす教育イノベーションを探る東進ハイスクールの挑戦―ナガセがめざす教育イノベーションを探る
(1990/02)
鶴蒔 靖夫

商品詳細を見る