竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



パーク24、カーシェアリング会員数倍増!アースカーは!?

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。 「今日本に必要なのは修身の教育」by美輪明宏に少し納得、竹村です。 パーク24が最高益、の記事が。 実はここで注目しているのは、「カーシェアリング」。 なぜなら、カーシェアリングをFC展開している「アースカー」という会社があるからです。 アースカー 加盟案内 竹村のオススメFCではありませんが、以前ブログで取り上げたこともあり、今でもたまにこのFCに関して相談の問い合わせをいただくので。 カーシェアリングについてはトヨタが「ラクモ」というブランドを大々的に立ち上げ始めており、どこかで一気に認知され、市場が拡大するのでは?とウォッチしています。 こういう「新市場」というのは徐々に徐々に大きくなってはいきません。 マグマを貯めながらある沸点に達した時に「大爆発」するのです。 とくにカーシェアリングの場合は、「拠点数」が増え続け、あちこちにステーションが出来て、一気に便利になり利用者が急増するサービスなのです。 「電子マネー」に近いところがあります。あちこちに使えるところがないとダメなのです。 ただビジネス的に言えば、そこまでは「赤字」が続くことが多いわけです。 「拠点数を増やしていく」というのが先行投資、なわけですね。 パーク24は駐車場「タイムズ」併設で拠点数を増やす。 トヨタの「ラクモ」はトヨタレンタカーの営業所を拠点に増やす。 そして、 アースカーは「副業でもOK」という加盟募集で拠点を増やしているわけです。 実は、アースカーに関する質問とか相談で多いのは、 「今やられている方の売上、利益はどのくらいですか?」 というものです。 その質問に関しては、 「その数字を聞いてもほとんど意味ありません」 とお答えしています。 理由は2つ。 ・現状はまず拠点数を増やすのが大事な時期であり、先行投資の時期。 ・やられている方の多くは副業として取り組んでおり、市場が拡大するチャンスに備えている方が多い。 からです。 「成功している方と失敗している方の割合は?」 と聞かれることも多いですが、 「現状で成功している、と言い切れるところは少ないと思います。現状は市場拡大のの「手応え」を掴む時期。市場拡大機にはその手応えの掛け算で儲けられる。」 と申し上げています。 さて、今回の記事からパーク24のカーシェアリング部門の数字は、 >レンタカーやカーシェアリングなどを手掛けるモビリティ事業の収益も改善傾向にある。 >減価償却費の負担などで11月~1月の同事業部門別の営業損益は赤字だったとみられるが、前年同期(3億円の赤字)からは赤字幅が縮小したようだ。 ふむふむ、という感じですね。 >カーシェアリングでは駐車場に看板やのぼりを設置し、認知度の向上で会員数が1年間で約2倍の17万人まで拡大した。平日の利用促進のため法人への営業も積極化しており、法人会員の獲得が徐々に進んでいる。 会員数は倍増、17万人まできました。 確実に「マグマ」は溜まってきているようです。 では、「噴火」はいつか? そして、「噴火後」、パーク24とトヨタとアースカーと・・・噴火後の市場の取り合いはどうなるのか? 個人的にはアースカーが「フランチャイズ力」を上手に使って先行するタイムズと巨人トヨタを圧倒する、というシナリオを期待したわけですが。 「トヨタに勝つなんて無理に決まってる。市場が爆発したら大資本が勝ち!」なんて声が聞こえてきそうですが、とこがどっこい、「車買取」ではガリバーが「FC力」でトヨタの「Tアップ」に一本勝ち!しましたからね。 本日はこんなところで。 「人気ブログランキングに参加中! 少々停滞気味! ワンクリック願いしますっ。
人気ブログランキングへ
なぜ、いまカーシェアリングなのか―「タイムズプラス」が提案するヒトとクルマの新たな関係なぜ、いまカーシェアリングなのか―「タイムズプラス」が提案するヒトとクルマの新たな関係
(2011/07)
鶴蒔 靖夫

商品詳細を見る