竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



ふくい舞「いくたびの櫻」で人それぞれ何を想う?~メルマガ配信しました

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんばんは。 


 本日は休日、子どもたちと自宅でカラオケWiiをして酔っ払った、竹村です。 

コイツは優れものです。 


 メルマガは先ほど配信しております。


本日は、「大型FC」の検討のポイント、として、 コメダ珈琲店 を例に解説しました。 大型FC=初期投資の高いFCというのは、個人起業で取り組むFC、 =スモールサイズのFCとどこが違うのか? いちばんの違いは、より「長期的」な視点で考えなければならない、 ということです。 その検証の仕方は、参考になると思います。 さて、日曜日、今夜の一曲はコレで。 

 「今年の桜は早めに咲いた」と始まるこの曲を、ふくいさんの色香もちょっぴり感じられる「桜満載ver」で。

 

2011年の2月2日発売。 

そう、結構話題になって有線なんかではかなりの人気だったんですが、その1ヶ月後に「東日本大震災」。 「桜」どころではなくなりました。 ふくいさんの歌唱法は好き嫌いある気もしますが、日本人の「桜心」を変化球でついた佳曲。  

  春が巡れば 櫻は咲くもの  
  今まで私も そう思っていたけど 
  一年生きてた  証(あかし)だと
  今では感じる  花びらひとひらさえ
  大切なその命 

 やさしく包み込むようなメロディーに、抉られるような歌詞。 愛の絶頂期の二人が聴いても、 何年も一緒になんとなく「桜」をみてきた夫婦が」聴いても、 聴く人の状況でいくらでも解釈できる曲です。 

日本全国、「桜」はすべての人の近くで平等に咲く。 そしてその「桜」をみて想うことは人それぞれ、もしかしたら「毎年」違うのです。 

 こんな「歌」はやはり、「桜を」テーマにしないとできないんだろうな、と思います。 今夜はこんなところで。 

「人気ブログランキングに参加中! ワンクリックが励みになります。
人気ブログランキングへ バージョンアップ毎に欲しくなる、スグレモノ。
カラオケJOYSOUND Wii DXカラオケJOYSOUND Wii DX
(2009/11/26)
Nintendo Wii

商品詳細を見る