竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「第三の矢」はどうなのか?株価下落と起業の関係とは?

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。 夏の水不足が少し心配、竹村です。 そんあことより「アベノミクス」が心配、ですかね。 昨日は最後の第三の矢である「成長戦略」の全貌が明らかに、ということでしたが、それを受けて株価はズルズルと下げ、今日も戻らず下げました。某タブロイド紙には「6.20 株価1万円割れ!」の見出しが踊る有様。 どうなんでしょう。やはりサプライズに欠けるんでしょうか。 ただ何も考えずにテレビを見ていると、成長戦略の「目玉」である薬のネット販売が99%解禁!なんてのが一番のニュースになっていて、これでは…と首をひねりますね。 これが成長戦略のトップニュースなら、多くのニュース番組がそうしていたように、サッカーの本田圭佑選手のインタビューでの方が「大事」な気がしてきます。 今回、これまでマスコミをうまく利用していた感じの安倍さんが、思うようにいってない感じですね。 「10年後に一人あたり所得を150万円増!」 なんかも、キチンと伝わってない。 竹村は聞いた瞬間に無理!と感じましたが、やはりここは「大風呂敷を広げてみんなで夢をみる」ことが大事だなと思い直したわけです。 ところが、全く逆の印象で取られてる方も多いですね。 「10年で150万!?、昔は所得倍増!だったんだから。150万なんてボーナスみたいなもんじゃねえか」なんて捲し立ててる新橋のサラリーマンがTVに出てました。 そういう話じゃないですよね。 「一人あたりGDPを150万増やす」っていうわけですから。 ついに「370万」まで落ち込んだものを、「520万」にしよう、という話ですから、40.5%のUPです。 だから、普通に考えたら「無理」、でもだからこそ「夢のある話」なんですが、そこがどうも伝わって来ません。 「伝え方」の問題だと思うのですが。 正直、「株」については、もう少し「堅調」な波を続けて欲しいところです。 やはり、「株安」は間接的にはかなり「起業」にも影響してきます。 「飲食」などの初期投資がかかる業態で起業をしようと、自己資金で1000万以上貯めている、という層は、その全てが「銀行貯金」という方は少ないでしょう。何割かは「株」や「投信」という持ち方をされていると思うので、少なからず影響します。 そして、こちらの方が多いのでは?と心配しますが、 自己資金50万、100万程度しか無い方が、「何とかもう少し増やそう」として、週刊誌なんかの「乗り遅れるな」というムードにのって株を買った という方もいるのです。 これはかなりキツイと思います。 そういう方が沢山出てないことを祈りたいですね。 ただ、起業するのに「自己資金が足りない」という問題は、実はかなりの割合で「解決」できる、と思っています。「本当に起業したい」という気持ちが突き抜けるくらいあれば、様々な方法があり、どこからか「道」は開けるのです。 「株で増やそう」なんて考えずに、今やることを真剣に考えるべきです。 本日はこんなところで。 「人気ブログランキングに参加中! ワンクリックが励みになります。 餅は餅屋に、株は株屋に、です。
人気ブログランキングへ