竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「あまちゃん」絶好調!テンプスタッフ創業物語もジェジェジェ!

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。 北三陸が好きだから、また潜りたいから東京でアイドルになる!byアキ、竹村です。 いや、「あまちゃん」の人気沸騰ぶりはスゴイ。 色々な分析がなされてますが、やはり「80年代の匂い」を面白いように混ぜ、隠し、見つけさせるクドカン流演出が文句なく素晴らしい。録画して観る中高年がいるのもわかります。 今まで見てなかった層が本気で観ているわけですから、そりゃ視聴率も上がります。 聞いてみると本当に「録画して」とか通勤途中にワンセグで、みたいな方が多いので視聴率以上に観られているはずです。 「ゲゲゲの女房」以降なかなか朝ドラ好きな竹村も、この「あまちゃん」は太鼓判。 朝ドラ恐るべし、です。 昔こんな記事書いてましたね。 「梅ちゃん先生」を観て「仕事」について考える そうか、「ゲゲゲの女房」の頃は「移動販売」のブログを書いていたのか… 震災前、3年の話ですね。 ま、今年は紅白でこの曲が聴ける、というだけで大晦日が楽しみというものです。 竹村と同世代の方なら、この「80年代SONGマゼコゼ」に脳みそが蕩けるハズです。 この、おふざけテイストで泣かせるのがクドカン流。 おっと、このまま「あまちゃん」で終わるわけにもいきませんので、もうひとつ。 今月の日経、「私の履歴書 テンプスタッフHD社長、篠原欣子(よしこ)さん の創業物語が素晴らしい。 篠原欣子(テンプスタッフHD) Wiki 昨日の回では、 「自転車操業で挫折寸前」 と題して、「資金繰りの苦労」が。

私は会社勤めの経験はあるが、お金の出し入れにかかわったことはない。だからスタッフの賃金を支払ってから顧客に請求書を出すという順番になることなど考えもせず、気楽なことに顧客から入った代金で賃金を払えばいいと思っていた。

これは大変です。 当然ながらこの「順番」だけで会社は倒産します。

そんな私が頼れる人は母しかなかった。事情を話して借金し、とりあえず給与の支払いを済ます。顧客から代金が入ると少し返してまた借りる。そんなことを繰り返した。

助けてくれるのは「身内」です。 この「母」からの借金が無ければ「テンプスタッフ」という会社はありません。 あと、昨日の回で赤ペンチェックはここ。

救いはいまのパナソニックを興した松下幸之助さんの本だった。深夜になると、当時借りていたアパートのベッドの中で松下さんの本を開く。すると行間から「もうちょっと頑張りなはれ」という「経営の神様」の声が聞こえるような気がして、涙がぽろぽろとこぼれた。

身内の母とともに「経営の神様」に助けられるわけです。 そんな藤原さんも本日の回では、 公庫融資を受け一息 減量経営の波に乗り成長 ということで、「波」に乗り出します。 「波」に乗り出せばトデモナイ波、なのが「ベンチャー」というもので。

。9時になると6台の電話は鳴りやむことがない。それが励みになった。出社してコートを片方脱いだところで受話器を取った社員が、1時間もそのままの格好で応対するようなありさまだった。(中略) 「絶対断らない」を信条としていた私は、社員が「難しいですね」などと答えようものなら、自分が電話中でも鉛筆で指さして「受けて」と叫んだ。武器のない戦場のような日々だった

これは、毎日「ジェジェジェ」の連発だったと思います。 今日はまだ18日ですから、まだタップリ連載がありmすね。 ここから、「法や規制」と闘いながら「人材派遣」という新市場を切り開いていくドラマが楽しみです。 本日はこんなところで。 「人気ブログランキングに参加中! ワンクリックが励みになります。
人気ブログランキングへ タイトルが最高です。
探そう、仕事の、歓びを。探そう、仕事の、歓びを。
(2007/05/24)
篠原 欣子

商品詳細を見る