竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



ブックオフが「金プラチナ買取り」を開始!首都圏7店舗で

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。 富士山の世界遺産は順当に確定、三保の松原も対象となってメデタシメデタシ、竹村です。 さて、本日は土曜日なので軽めのトーンで。 まず、外食、居酒屋関連でこの2つのニュース。 「ちょい飲み」で最高益 ハイデイ日高やハブ お酒、景気回復でも「家飲み」で安く 店利用34%減 記事にもある通り、 国内の居酒屋市場は1兆円前後と、1990年代前半の7割以下に縮小 しているわけですが、これには上の2つの記事にあるような流れと、やはりデフレ競争による「単価」の低下がありますね。 1000円や1500円で飲めるのは嬉しい限りではありますが、やはり出されるメニューの「質」は低下するわけで、それなら「家呑み」のほうが、となる気持ちもわかります。 前にも一度書きましたが、今セブン-イレブンは「一人家呑み」層をかなり意識した棚構成にシフトしています。缶ビール1本と惣菜、1,2品というスタイルはかなり多いのだと思います。 さて、本日もう一つあげておきたいニュースはコチラ。 ブックオフ、金・プラチナ買い取り 首都圏7店で 高値基調にらみ換金需要開拓

店に鑑定用の器具と保管用の金庫を置く。研修を受けた店長や従業員が客が持ちこむ指輪やネックレスなどを査定し、最短5分程度で買い取る。買い取った貴金属は専門業者に転売し、店頭では販売しない。

これは「金プラチナ買取」の市場を少し拡げるのでは? と思います。 「押し買い」などが少々社会問題になりましたが、まだまだ家の中に眠っている「貴金属」というのはあるはずなので。「買取屋」に持っていくのは少し抵抗があるがブックオフなら、という主婦層はいるでしょう。 「押し買い」のトラブルにあわないために! - 政府インターネットテレビ 考えてみるとこの「ブックオフ」というFCチェーンは、なかなか面白いチェーンです。 「古本屋」という古い業態を一気に革新したわけですが、その商売のマネをしたチェーンが何故かうまくいかないのです。 ブックオフがやってることは単純で、本の価値ではなく新しさとキレイさで買取価格を機械的に決める、等の「商売のノウハウ」はそのほとんどが公開されており、「マネ」できるものです。 なので、そのまま「マネ」たチェーンがいくつかありましたが、そのほとんどが今や無くなり、ブックオフの一人勝ち、です。 「ブランド」「安心感」の見本でしょう。 他に持っていけばもう少し高いのもあるかもしれないけど「面倒なのでブックオフ」みたいな方がかなり大い気がします。 今やブックオフは「エコ・ビジネス」という括りです。 20年前は「人が読んだ本なんてどこにハナ◯ソがついてるかわからないから絶対嫌」なんて人がけっこう居ましたが、そのイメージを変えたのがブックオフ、ですね。 いつか詳しく研究していたいFCチェーンです。 本日はこんなところで。 「人気ブログランキングに参加中! ワンクリックが励みになります。
人気ブログランキングへ
ブックオフと出版業界 ブックオフ・ビジネスの実像ブックオフと出版業界 ブックオフ・ビジネスの実像
(2008/05)
小田 光雄

商品詳細を見る