竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



秋の夜に「私はギター」じゃなくて「私はピアノ」を思い出す!メルマガ配信しました

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんばんは。 今日から9月なのに35度!でも夜はコオロギの音とともに秋ですね、竹村です。 日曜日はメルマガ配信のお知らせと今夜の一曲。 メルマガは本日は少し遅く18時過ぎに配信しています。 メルマガ「新フランチャイズ発想法」第192号フランチャイズ進化論」のコーナーは先週に引き続き、FC本部のWEBサイトの活用について。 時代は大きく変わったのです。 で、「恋愛的フランチャイズ論」のコーナーで、田中康夫さんのコトバを取り上げたのですが、それを書いていて思ったのが、つくづく田中康夫氏が恋愛の教祖だった時代の 「若者の恋愛消費」 といいうのはスゴかったな、ということです。 とくに男が女にかけるお金、というのは今考えれば「バブル」を超えて「バカ」でした。 ただ、そんな消費行動が「経済」を押し上げていたのも事実です。 本来ならお金がない若い男が、好きな女のために必死に稼いでGDPを上げたのです。 さんまさんも言ってますね。 思えばこの番組はそんな「バカ話」から始まったわけですからね。 くだらな面白い番組でした。 知り合いも何人か出たなぁ。 そんなことで、今夜の一曲。 「夏から秋」をテーマに選んでみたかったんですが、 ♪焼けた素肌が今でも 懐かしい~♪ というこの歌で。 ♪ひとしきり泣いたら 馬鹿げた事ネと思う♪ というフレーズが好きでした… 今夜はこんなところで。 「人気ブログランキングに参加中! ワンクリックが励みになります。
人気ブログランキングへ あと10年で会社がなくなる!?
私はピアノ/硝子坂私はピアノ/硝子坂
(2005/12/07)
高田みづえ

商品詳細を見る