竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



80代でも「介護保険受給者」は25%以下!?「そこそこ元気な老人」は増え続けます!

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。 Womanが本日最終回、実はこれも観ておりました…竹村です。 親として考えさせられるドラマ、です。 さて、昨日は月1回で参加している経営者勉強会に参加。 その中からひとつとても参考になったトピックを。 介護保険の受給者割合」についての資料なのですが、 80代でみると、  男性 82%  女性 73% が介護保険「非受給」 なんですね。 少なくとも竹村はかなり感覚がズレていました。 正直「80代」なら1/3程度が何らかの形で「介護保険」の受給者、という感覚でした。 どうも「医療保険」とダブって捉えているところがあるのでしょう。 で、勉強会でもこの、 「そこそこ元気な老人」 という「新マーケット」はあるよなぁ、ということで議論が弾みました。 以前このブログで取り上げた、これですね。 「カーブス」FCの成功はまさに「シニアシフト」の成功事例、という話

カーブスはアメリカで生まれたビジネスで、 アメリカでは、「肥満解消」で拡がりました。 「Curves」は女性の「くびれ」のカーブ、からきてますから。 ただ、その身近な「有酸素運動」を提供する、という商売は、 高齢化社会の日本に持ち込まれ、 「シニア層」の新しいニーズ を堀り起こしたわけです。

このシニア世代の元気消費についてはこの本が詳しいですね。
シニアシフトの衝撃シニアシフトの衝撃
(2012/11/19)
村田 裕之

商品詳細を見る
上のカーブスの事例も詳しく解説されています。 「70代・80代」は「老人」というイメージでひとくくりにみてはいけませんね。 少なくとも、 ・これからの「70代・80代」は昔の「70代・80代」とは違う。 ・「老人」といってもいろんな老人がいる(元気な老人もいる) ということはしっかり脳ミソに刻んでおかねばなりません。 おそらく、今の50代が80代になる30年後には、その老人たちのほぼすべてがタブレット片手にAmazonで薬を注文してたりするのでしょう。 牛丼食ってる80歳、なんてけっこういるのかもしれません。 本日はこんなところで。 「人気ブログランキングに参加中! ワンクリックが励みになります。
人気ブログランキングへ あと10年で会社がなくなる!?
シニアシフトの衝撃シニアシフトの衝撃
(2012/11/19)
村田 裕之

商品詳細を見る