竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



あまちゃん最終回!「起業を考える方」へのあま語り、です

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。 「あまちゃん」最終回、涙、竹村です。 このブログでもかなり拾ってきましたので、今日ははばかりなくあま語りさせていただきます。 まず、「あまちゃん」名セリフ、本当にたくさんありましたが、 やはり、このブログの読者の方に=「起業」を考えている方に、ということになると、夏ばっはのコレを紹介したいですね。 「飛び込む前にあれこれ考えたって、どうせその通りにはならねぇ。だったら考えずに飛び込め」 新しいことにチャレンジする時、「考えたってどうせその通りにはならねぇ」んですよね。とくに「一人で」考えてもそれは、基本「不安と心配」です。 だから「考える前に飛べ」なんですね。 周りにはもう既に「跳んで」いる人達が笑顔で応援しているわけですから。 本当に、つくづく思いますが、  中途半端に利口 というのは人間のもっている大きな弱点ですね。 ビジネスの多くはこれでチャンスを逃します。 恋愛だってそう。 「素直になれない私」なんてのは、全てこの「中途半端に利口な私」のせいです。 話がそれました。。。 とにかく、このドラマで一貫していたのは、 とにかく「行動」して「様々な人と関われ」 ということです。 そういう意味では、非常に「朝ドラ」向きなテーマです。 このドラマによって「朝のひきこもり」は確実に減ったと思うわけです。 ただ、朝ドラの定番的物語で成功した「梅ちゃん先生」とく比べたらよくわかるわけですが、アキは「成長しない」です。成長しようとも思っていない。ここは宮藤官九郎さんがインタビューで「成長しない主人公を書きたかった」と語っていますから、まさに狙ったところ。 成長するのではなく、様々な経験ごとに年をとるごとに「自分らしく」なっていき、そんなアキにふれて、周りの皆が「成長していく」というドラマでした。 そんな見事なドラマでしたが、個人的には、やはり「80年代青春ネタ」も大きい(笑) これは最終回のひとつ前の回からですが。 この3人(ポスターまで入れてます)のこのショット!そして、手にとってるのは太川陽介のLPで、まるでごきげんさ!ルイルイさ! Lui!Lui! いやぁ、こんなネタに笑えなくなるのか、と思うと少々あまロスですね。 こんなところで。 「人気ブログランキングに参加中! ワンクリックが励みになります。
人気ブログランキングへ あと10年で会社がなくなる!? だからコレですってば!
春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編
(2013/08/28)
監修・選曲 宮藤官九郎

商品詳細を見る