読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



FCに加盟したらまずは本部を信じ、わき目をふらず真っ直ぐに!

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

吉野家に赤ちょうちん 話題の「吉呑み」を写真で解説 ←話題になってますがどうなんでしょう、竹村です。

 

吉野家では牛皿とお新香で飲む、というのがイチバン、な気がしますが…さて、本日のブログは「つぶやき風」で。

 

フランチャイズに加盟するメリットのひとつ、として、わき見をせずに突っ走れる というのがあります。 線路が引かれているので脱線しない という言い方をすることもありますが。

 

要は、 あれこれ余計なことを考えずに前に進める ということです。 少なくとも立ち上げ時期=初期段階ではこの考え方が正しい、と思っています。 ただ、意外とそうしない方もいます。 本部から教えられた「やり方」を自己流にアレンジしようとするわけです。 もちろん、この地域の特殊性に合わせて…という風に「前向き」に考えてアレンジするわけですが。 ただ、これまでの経験上、この「アレンジ」はうまくいかないケースが多いです。 そうなると今度はネットで色々検索したりしだす方が出てきます。もちろんこれも早く事業を軌道にのせようとする「前向き」な行動ではあるのです。 そして「業態」によっては必死にネットを探すと、かなりいいアドバイスやノウハウが出てくる。まさに気持ちとしては「今必要なのはコレだ!」という感じで。

 

すると、何で本部はこういうことを教えてくれないんだろう?という気持ちも生じてきます。 当たり前ですがこうなるともう、「フランチャイズに加盟したメリット」というのが薄れていくのです。

 

フランチャイズに加盟して、何かの壁に当たった場合、困ったことが合った場合、まずは本部に聞く、先輩オーナーに聞く、べきです。そういうコミュニケーションがうっとうしくて、少し苦労しても自分で調べて前に進もうとする、という方もいますが、そういう方はフランチャイズには向きません。加盟金とロイヤルティがもったいない。 そういう「自己完結型」の人は小さな商売をコツコツ自分でやったほうが良いと思います。

 

もちろん、今は何でもネットで公開されている時代で、業態によっては正直本部のマニュアルなんかより役立つノウハウがそこらに公開されていたりします。 それでも、最初は本部が示すものだけをマスターすることに専念し、「余計なノウハウ」に惑わされない、浮気しないことが大事です。

 

これは沢山授業を受けたり、新しい参考書にあれこれ手を出すよりも、 一冊を完璧に! しろ、という武田塾の考え方に通じますね。

 

本日はこんなところで。