竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「月刊私塾界10月号」に武田塾を7校舎運営するオーナーのインタビュー記事が掲載!

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

本日2度めの投稿、竹村です。

 

昨日「私塾界」のフォーラムに参加した件を先ほどUPしましたが、「月刊私塾界」といえば、今月号(10月号)に、「武田塾」の記事が載っています。  載りますよ!というニュースはUPしましたがそのまま紹介を忘れてました。

 

今回の記事は、武田塾のFC校を現在7校運営する、株式会社シー・エー・アイの久保田社長へのインタビューが中心です。  横浜市で青葉セミナーという学習塾を経営してた昨年、武田塾のフランチャイズ化のテストにエントリー、1校舎開校(あざみ野校)。それが9月。そこから1年で7校舎の展開。 そのストーリーが書かれています。

 

f:id:ytakemura:20161130112847p:plain

 

フランチャイズではない独自の塾を6教室運営していた久保田社長が「売上は倍増、人件費は半分」 と語るのは非常に説得力があるわけです。 「塾をやっている社長が加盟金、ロイヤルティを払って看板替えてでもやりたい」 というわけですから。

 

フランチャイズ」というのは本来そのくらい「力」があるものなのです。あるべきなのです。

 

ロイヤルティ(武田塾の場合売上の15%)を払っても、独自で運営するより売上は増え、コストが減り、利益が倍増する、そのくらいのビジネスモデルをつくるべきです。

 

「独自でやるよりはFCに加盟したほうがリスクが減りますよ」なんて小粒なFCが多いですが、本来はそういうもんじゃない、とこの記事を読んで思いますね。

 

本日はこんなところで。