読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



札幌の四谷学院は立派!武田塾は来春までに何校舎に増えるのか!?そして「代ゼミショック」記事まとめ

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

札幌から帰ってきました、竹村です。 札幌でも四谷学院は伸びてる感じでしたね。 札幌駅北口正面のビル全棟借り×2、ですからね。 現在全国24校舎で北から南まで主要都市にズラリ、という感じ。

北海道地方:札幌校 東北地方:仙台校 関東地方:四谷校・池袋校・自由が丘校・吉祥寺校・町田校・立川校・横浜校・藤沢校・厚木校・大宮校・川越校・千葉校・柏校・船橋校・(吉祥寺校・厚木校は現役専門校舎) 中部地方:名古屋校 近畿地方:梅田校・なんば校・京都校・神戸校 中国地方:広島校 九州地方:福岡天神校・北九州校

 

「代ゼミショック」というのは、代ゼミの弱体化により、東進や河合塾、四谷学院に生徒が流れた、ということなわけです。 一応、「代ゼミショック」についてはダイヤモンド・オンラインで教育ジャーナリストの後藤さんが、結構書いてますので、まとめておきます。

第1回 予備校に未来はないのか? 代ゼミ「撤退の本質」

第2回 教育産業の構造変革 代ゼミが進める3つの撤退戦

第3回 多面的評価がとどめを刺す「大学入試の未来」

第4回 変わる大学の入試制度 生き残れるか、受験産業

 

で、先ほどの四谷学院の出校エリアに戻ると、四谷が出ているこの「24」のうち、武田塾が既に開校、開校準備に入っているところが、16?ですかね。 それでも、現在加盟を検討している方がいないのは、「広島」と「北九州」くらいです。

 

「来春開校予定」として50校!くらいまでは見えてきてます。 果たしてどこまでいきますか?

 

本日はこのあと、「新しくフランチャイズ化できるか?」という事業を視察に行きます。

 

本日はこんなところで。