読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「雑誌アントレ」は巻頭カラー広告の意味とは!?

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。 昨日の成人の日は快晴でよかった!竹村です。 三年前の大雪を思い出します。 竹村の住む浦安市は毎年恒例のディズニーランドでの成人式で、昨日街中に振袖姿の方々が。と書いて思いますが、別に成人式って振り袖じゃなくてもいいわけで。そうでない方もいるわけです。ただテレビを見てたら振り袖姿の人しかいないように見えますね。小学校入学でランドセル、がごとく成人式は振り袖、みたいに。 振り袖でない方もいる、それもOK!ということは言っておきたいと思います。 さて、一昨日のメルマガで現在発売中の「雑誌アントレ」に掲載している、武田塾の「文字ばっか広告」について書きました。 メルマガ「新フランチャイズ発想法」第258号 コレですね。 見事に文字ばっか、です。 この「文字ばっか」はシリーズ第二弾、です。 このページは「巻頭カラー広告」と呼ばれるもので、正式には「トップからのダイレクトオファー」という特集です。特集、といっても毎号あるのですが。 竹村的には「雑誌アントレ」はこの巻頭カラーページが全てである=後ろの企画広告ページだけではあまり意味が無い、と思っています。 「トップ」=FC本部社長からの「ダイレクトメッセージ」ですから、「想い」が伝えられます。FCを検討する方々にある意味プロポーズをするのが広告ですから、まずはこちらが「何を考えているか」を知ってもらわなければ始まらない、その「何を考えているのか」をこれだけの文字量」で伝えているわけです。 これは各社テンプレートの企画広告では伝えられない、と思います。 メルマガにも書きましたが、正直これだけの文章を読むのは、なかなか大変です。 ただ、だからこそこれを読んで武田塾に興味を持ってくれる、というのは「かなりの方」なのです。 そこを狙ってます。 そういうことができるのは、雑誌アントレのカラー広告。 今後も年二回、半年に一度のペースで出して行く予定です。 本日はこんなところで。