読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



サラリーマンの「入社式」に思うこと、徒然に・・・

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

大勝軒・山岸一雄さん死去 危篤状態で叫んだ「いらっしゃいませー」←ご冥福をお祈りします、竹村です。

 

昨日は全国で「入社式」でしたね。 昨日朝は「AIC Kids」フランチャイズ化の支援をさせてい頂いている広島の鷗州コーポレーションとSkypeMTGをしましたが、「これから入社式です!」というお話でした。

 

一応竹村にも「新入社員としての入社式」があったわけです。

 

今から28年前、株式会社ナガセ(東進ハイスクール)、ですね。 当時はまだ正社員は100人位、その80%は塾講師職、というまぁ小さな会社だったわけですが、キチンとした入社式がありました。そこで新入社員代表、として「誓いの言葉」というのを読みましたね。

 

事前に昨年の入社式の先輩のものを「見本」として渡され、入社式の3日前くらいに原稿を用意してリハーサル、なんて感じでした。「先輩の見本」を読んでなんかありきたりでつまらんなぁ、と思ってかなり過激な原稿を提出したら、結構修正されて、「おお!これが会社というものか!」なんて思ったことを思い出します(笑)。

 

中身は忘れてましたが、「a new breeze is browing」というフレーズをブッシュ大統領(親父のほう)の就任演説から引用したことだけ覚えてます。なんか「目立ちたかった」んでしょうね。 丁度日本はバブルに向かってまっしぐら、という「風」が吹いている頃でした。

 

今日の新聞では各社の入社式の様子が書かれてますね。

 

 

新入社員よ 変化と戦え 75万人、決意の春

 

↑↑↑こうして記事になってしまうと、あまり面白みがありませんね。日本電産の永守会長の「成長企業集団に入社したことを誇りに思ってほしい」というのは、大企業じゃないよ、成長企業だよ!という意味でしょう。

 

記事の最後に免震装置のゴムのデータを改ざん問題の東洋ゴム工業について触れていますが、この状況に逆に「何故か奮い立つ」くらいの気持ちが欲しいですね。地味な会社が全国的に有名になったわけですし、普通の人が体験できない状況、ですからそこから学ぶことは大いにあるわけです。

 

シャープだって3000人が希望退職する中、200人の新入社員。ここから企業として復活すれば、「あの時の200人」として社史に残ります。

 

毎度恒例、サントリーの新入社員への言葉、は今年も伊集院静さん。

 

 

己のためだけに生きるな。仕事は誰かのためにやるものなのだ。 それが仕事の品性だ。生きる品性だ。

 

この言葉が腑に落ちるまでに、響のロックを何杯飲めばよいのか(笑)。

 

サントリーも商売上手!!!

 

竹村の立場として「新入社員にメッセージする」としたら、何かな? と考えます。

 

ひとつ言いたいのは、やはり「75万人」という数字を意識しろ、ということですね。 完全に少子化世代なわけですが、それでも「同期」が「75万人」もいるのです。 その中で「上」を目指すなら、上位2%くらいに入るつもりでいけ!というころですね。

 

同期ピラミッドの中で15000位・・・できれば10000位以内、です。サラリーマンとして「上」を目指していくなら、ソコを目指してやるべき、です。偏差値で言えば「72とか73」くらいですね。厳しいでしょうか?そんなの無理?でしょうか?でもそれで10000位、ですからね。 サラリーマンとしてデキる男になり、年収800万!50歳くらいには年収1000万を目指したい! みたいな目標がいちばんダメ、だと思いますね。これは明らかに今の世の中を知らないための「勘違い」です。

 

何が勘違いかよくわからなければ、今発売中の「週刊SPA!」のこの特集を立ち読みすべきでしょう。

 

 

都心部年収800万家庭は火の車」という特集で、かなり取材されており説得力があります。確かに竹村の周りでもこのケースにハマっている人は多い。

 

要は年収800万程度では「豊かに」は暮らせないのです。少なくとも「都心部」では。1000万円でも毛の生えた程度でしょう。 新入社員から想像したら、年収800万ならリビングにワインセラーがあってワインとかこだわって選んで飲んでるんだろう、なんて思うかもしれませんが、実体は発泡酒、だったりするのです。 昨日入社式を迎えた、75万人のうち「上位10000人」に入ればそんな生活になることはないと思います。

 

サラリーマンとしては同期の中で突き抜けているでしょうし、サラリーマンをやめても「稼ぐ力」でどんどん稼げてる、と思います。 「上」を目指すなら、そこを目指しガツガツ仕事をして日々上に行くための勉強ですね。

 

日々是決戦!のつもりで3年やれば「2%」には入ってると思いますね。まわりは「羊」たちばかりですので(笑)、チャンスです。

 

もちろん上を目指さず「羊的しあわせ」を求めていく生き方、もあるわけですが・・・それはまたの機会に。

 

う~ん、竹村流「新入社員へのメッセージ」としては、何か後味が悪いものになってしまいました・・・

 

もっとハッキリ言わせてもらえば、 サラリーマンで年収800万なんて目標をもつんなら、稼ぐ力つけて起業しろ! とういうことですね。

 

竹村が大学時代のサントリーの「入社式広告」は開高健さんのメッセージでした。

 

その中で、 会社は長く勤めなくてもいい 早く実力をつけて次にいく、という目標でいい そんな人達が集まって仕事している会社がいい会社だ 的なメッセージがあり、心に刺さりました。

 

この言葉を胸に、竹村も25年近くサラリーマンをしたわけですが。

 

本日はこんなところで。