竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



大場久美子のビキニ祝で「ディスコ・ドリーム」!メルマガ配信しました

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんばんは。

 

桜花賞」は3着がハナ差敗けで桜散りました(泣)、竹村です。

 

1600メートル走ってのハナ差なんて不思議なもんだ、といつも思いますが、アスリートの世界ってのはそんなモンですよね。人間の世界でも走ったって、泳いだって0.0何秒差でメダルが変わってしまうなんて普通に起こるわけで。

 

それだけ「高レベル」で勝負しているわけで、それに比べりゃ「ビジネス」なんて甘い世界ですね。提案書もテンプレートいじくって、「これでそこそこイケルだろ!」なんて勝負(?)するんですからね。

 

しかし、あんなスローペースなマイル戦はありえませんね。まんまとしてやった岩田騎手以外の騎手の猛省を求めます。これでオークスが面白くなりましたが。

 

 

さて本日は日曜日、メルマガ配信のお知らせと今夜の一曲、です。 メルマガはまぐまぐ経由、独自配信ともお昼12時半に配信しています。

 

今週の内容目次、です。

 

----------------------------------

1>竹村の近況 <この一週間>

2>フランチャイズの金言

▼こう考えればフランチャイズのロイヤルティは高くない!

3>ブログでは言えない話

▼起業成功には「熱いマグマ」が必要です

4>質問コーナー

▼低開業資金・継続性(安定性)・収益性が良いFCは?

5>メルマガアーカイブ

▼FCにおけるノウハウ・マニュアル・教育の関係

6>今週の赤ペンチェック

▼酒の席の話ってシラフだと全然面白くないんです。

「アル中鼎談」 小田嶋隆

7>編集後記 ▼春のクラッシク第一弾「桜花賞」予想

----------------------------------

 

↑申し訳ありませんが今回「今週の一週間」が抜けました。 コピペ忘れ。以後気をつけます。 「赤ペンチェック」で取り上げた対談は、ココカラ読めます。

 

メルマガでは取り上げなかった部分ですが、小田嶋隆さんが「アル中と自己評価」について言ってるのは重要な部分かと。まんしゅうさんに「自己評価が低すぎるのでは」と指摘するわけです。それに対してまんしゅうさんは、

 

まんしゅう うーん……。実は、私が幸せになってしまったら、もうおもしろい漫画が描けない気がして。だから、あまり幸せになりたくないんです。

 

というお答え。小田嶋さんは「それは間違いで、悲劇的に死んだ作家が評価が上がる、みたいな幻想であり、村上春樹をみてみろ!」とアドバイスしています。 そして中川淳一郎さんが、爆発。

 

中川 そうですよ。だって、日本で一番売れている作家の村上春樹なんて、超幸せな人生を送ってるじゃないですか! 金持ちだし、本を出せば売れるし、悠々自適に海外で生活してたりするし。作品だって、人生に苦悩している風を装っているけど、実際はエロいことばっかり書いてるわけですし!

 

面白い。 確かに竹村の「酒飲み論」としても「自己評価の低い人の酒」というのは良くない、と思います。アルコールが体に入る、ということは「自己暗示が強くなる」ということですから、「私はダメだ・・・」なんて人が酒に手を出すとますます、「私ってダメな快感」に溺れていきますね。 逆に「自己評価が高い人」の酒というのは一種コーチング理論で言う「アフォーメーション」みたいな効果がある、なんて思っています。

 

 

さて、そんなことで今夜の一曲。 雑誌「FRIDAY」で「奇跡のビキニ」をご披露された大場久美子さん。昨年どこかで披露したのが好評で今回のグラビアみたいですね。 30代、40代には立派な「ヌード」も披露されていた久美子さんですが、30代のトップレスヌードより54歳のビキニの方が価値あるわけで。

 

「価値」というのは「相対」と「サプライズ(≒ギャップ)」で決まりますから、当然でしょうか。 「あのコメットさんが初のヌ◯ド!」はモノスゴイ価値、ですが一度脱いでしまったら・・・というのが「裸という商品」です。そこからの「価値」は難しい。 「脱ぐ」というのは誰でもできますが、そこから「着る」ということで魅せるのはなかなか難しい。

 

だから「価値」です。

 

この「価値は相対とサプライズ(ギャップ)で決まる、そして変動する」というのは、ビジネスをやる上でも大切な考え方、ですよ。

 

あと、これで考えてしまうのは日本の「高齢化」ですね。 「54歳」というのは70歳の爺さんから見れば「若い娘」ですからね。コンビニ雑誌のの「18禁コーナー」なんかが「熟女系ばかり」に見えますが「熟女」というのは若者から見れば「熟」ですが、爺さんからみれば「若」なわけで(笑)。 老人ホームにこの「FRIDAY」とかあるのかなぁ、なんて考えながら、この曲。

 

 

いや~頭が狂いますね(笑)。スゴイ。

 

NHKのど自慢でも鐘「1.3」くらいでしょうか。カワイイから「2」ですかね。 ある意味サプライズ! コメント欄にこんなコメントを発見し、

 

癒されます、どんなにつらい時でもこれを聞けば悩んでることがバカらしくなります。

 

泣けます(笑)。 今晩はこんなところで。