読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



祝!カーブス新浦安店開店!!ついでにこのブログも祝!1000記事!!

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

 

丸源ラーメンって真似されるほどいい業態だったんですね、竹村です。

 

 

さて、本日は・・・

 

f:id:ytakemura:20150514113211j:image

 

 

カーブスがついに、わが町新浦安にOPEN!ですね。

ベンチャー・リンク時代に開発に携わったFCですが、順調に伸びてますね。まぁ順調に伸びすぎて一部の地域を除き、もう出店エリアがない感じ。だからもちろん新規のFC募集なんてしていません。

 
 
このカーブスの名前の意味が女性のくびれ、「S字カーブ」とかに使う「curve」からきている、ということはもはや知られていない、かもしれません。このリーフレットを見ても、この対象年齢、ですから。
 
もともとは「肥満解消」ということでアメリカで流行ったビジネスです。
 
 
f:id:ytakemura:20150514113224j:image
 
 
40歳〜85歳!ですから、もはや「くびれ」目当て、という人は少ないでしょう(笑)。
 
 
↓↓↓これを見れば一目瞭然。
 
 
f:id:ytakemura:20150514113235j:image
 
 
カーブスの成功は「シニアビジネス」にシフトしたこと、につきますね。
 
 
もちろんこれはターゲットが明確になって戦略的にシフトしたわけですが、最初から狙っていたわけではない、ところが面白いところ、です。FCとして全国展開してみて、様々な販促活動を行い、利用者が集まり、そこから「これは若い女性対象の施設ではなくて高齢者のための施設だ」ということが明確になったわけです。
 
直営でゆっくり展開していたら、「若い女性に響かない、やはり日本はアメリカに比べて肥満が少なかったことが敗因」として撤退していた可能性が高いですね。
 
 
しかし、考えてみると新浦安というエリアはここ10年くらいで建ったマンションも多く、子どもは多いがシニア層は意外に少ない気がします。
 
ちょっと違ったカーブスが生まれるかもしれませんね。
 
 
本日はこんなところで、と思ったらなんとこの記事がこのブログの1000記事目、ですね。FC2から引っ越したため過去記事が読みにくくなっていて恐縮です。何か対応する方法がないかな、と考えているところです。