読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「真面目&一生懸命」で突き抜ける!とはこういうこと、という話

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。



「梅雨」はなぜ梅、なんですかね?竹村です。

「梅」が熟す季節?そうかなぁ。


 

さて、昨日の渡辺麻友さんの「情熱大陸」でのインタビューからの記事について、いくつか反響があったのでもう少し。


 

言いたかったのは、

 

誰でもできるレベルの「真面目&一生懸命」では成功できるほど、商売・ビジネスは甘くない。「真面目&一生懸命」路線で突っ走るなら「人には真似できない=超人的」レベルを目指せ、ということですね。


 

結局、いつもと結論が同じになりますが、

他人より突き抜けないと

ダメなのです。

  


どのくらい突き抜ければ?

いい例があるのでお見せしましょう。

 


 「授業をしない塾!武田塾」のとある校舎、新規校立ち上げ時の教室責任者のタイムスケジュールですね。

 


そして●●校開校時(2013.10~2014.3)の校舎長●●のタイムスケジュールです。
06:30 起床
07:30~0830 ビラ配り
08:30~09:00 朝食
09:00~12:30 ブログ記事作成
12:30~13:00 昼食
13:00~21:00 生徒対応、校舎運営(時間があるときはブログ記事作成)
22:00~23:00 ポスティング
23:00~24:00 夕食
24:30 就寝
タイムスケジュールでもわかる通り大したことは何もしてませんでした。
日曜日、祝日以外は上記のスケジュールでやっていました。
雨天時のビラ配り、ポスティング時間はブログ記事作成にあてていました。
ビラ配り・ポスティングに関しては●●、●●、●●の3名で行っておりましたが1回のビラ配りで150枚、ポスティングを1000枚だとすると
1ヶ月でビラ配り3000枚、ポスティング2万枚程度配ったことになります。
ブログ記事作成にあてた時間は1ヶ月で100時間です。
ブログ記事に関しては今もほぼ毎日更新、今までの記事のリライト等行っております。



どうでしょう?「唖然」とします?こりゃ無理だ!と思います?

 

 

そう思う方が多くいるからこのレベルは

 

「真面目&一生懸命」路線で突き抜けられるレベル

 

なわけです。

 

 

竹村も最初にこのスケジュールを見た時、スゴイ!ここまでやったのか!

このレベルで仕事したら、将来は「見城徹」の域ではないか!と思いました(笑)。

 

 

ただよく考えてみれば、日曜祝日は休んでいて、毎日5、6時間は寝ているわけです。要は「仕事以外のことをしていない」ということです。

 


これができないでしょうか?

 


どうでしょう?起業して初めての自分のビジネスを立ち上げるんですから、最初は休みなんか無くても、5時間しか眠れなくても、そのぐらいは頑張れる、と思うのではないでしょうか?



要は、短期で目の前だけを見るか、長期でずっと先から今の状況をとらえるか、だと思います。


「長期的視点」にたてば、立ち上げ時に不眠不休ぐらいのモチベーションで頑張ってしまう方が、その後楽になる、という見方もできるはずです。


この立ち上げ時のスケジュールでずっとやる、という話ではなくて、あくまでも物事をスタートする時の頑張り、です。

 

休みは週1日だけ、睡眠時間は5時間、起業時はそのくらいは頑張って当然、とも思います。 



自分で起業して自分で働くんだから「ブラック」もクソもない(笑)。

 


しかし、最後に蛇足になりますが…


ブラック企業叩き」というのは本当に世の中の常識として定着するんでしょうか?疑問ですねぇ。



1ヶ月前のSPAがKindleにあるのでパラパラと。

 

たまたまですが表紙は渡辺麻友さん(笑)。

 

f:id:ytakemura:20150616104550p:image

 
 
この特集の中に「ブラック企業危険度診断」、というのがありますが、竹村がサラリーマンとして勤務した会社なんかこの基準で点数化したら、全社ブラックを突き抜ける、こと確実ですね(笑)。
 
 
 
f:id:ytakemura:20150616104600p:image
 
 

 
一方で、周りの共通認識=常識がこうなってきているわけですから、逆に、
 
突き抜けやすくなっている世の中
 
といえるわけですね。



そうとらえればチャンス、ですね。


本日はこんなところで。