読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



マルチFCジーの辣腕マネージャーが書いた電子書籍が発売!

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。
 
 
この暑さは最低あと二週間は続くということですか…竹村です。
 
 
マスコミで安倍内閣の支持率が不支持が支持を上回った、ということがニュースになっています。「この急激な落ち方は国民の気持ちを反映してますね」なんてコメントをしているキャスターもいましたがが、アホぎでしょう。
 
 
まだまだこんなに高いのは驚きです!

なら分かりますが。
 

 
歴代内閣の支持率、と比べれば明らかですね。
 

f:id:ytakemura:20150728094102p:image


図録▽歴代内閣の内閣支持率推移

民主党の時代の3内閣なんて、就任時から超短期間で1/3以下になってるんですから。それは極端にしても、支持率というのは就任時から下がるもの、であり、その下がり方が急激かそうでないか、という話です。
 
その中で、後半も50%~40%の間で維持した小泉内閣と、就任時の低さから一気に上げた小渕内閣が特筆すべき内閣、ということが上の折れ線グラフからわかります。
 
国民の期待のなか、人気を維持するというのがいかに難しいか、ということがわかりますね。
 
 
 
さて、フランチャイズ関連の新刊が出たのでご紹介。電子書籍、ですが。

 

 

フランチャイズスペシャリストが」

「加盟店サイドの視点で」

 

ということで期待しましたが、一般的なフランチャイズの検討者向けの本としては、贔屓目にみて★★★(満点★★★★★)でしょうか。

 

著者の加納さんは、FCを中心に65店舗を経営する、というマルチフランチャイジーで20年間働かれてきた方で、これまで40社のFC本部とお付き合いがあった、とのこと。そしてその20年間の「まさに修行」のような日々で学んだことを、包み隠さずお伝えする、という本です。

 

 

スペシャリストの自らの経験からのアドバイス、ですので価値があるのですが…

なぜ★★★かというと、

 

 法人の新規事業として飲食系中心のフランチャイズに取り組む

 

際に役立つという範囲限定のアドバイス、の域から出ていないからです。

 

 

今のフランチャイズ検討者は圧倒的に個人が多く、飲食のような初期投資がかかる業態ではなく、もっと軽いFCを検討している人が多いわけです。そのターゲットに対しては「役立たない」とまでは言わないまでも、ズレたものが多いです。

 

そして確かに「加盟店サイドの視点」からフランチャイズに加盟する「リスク」も多々記述があるのですが、やはり著者の加納さんはオーナーとして金銭的なリスクをとってFC加盟を進めたわけではなく、オーナーが意思決定したFC店を現場で「いかに店の収益を上げるか?」を懸命になってやってきた方、です。

 

その点がどうしても、自らオーナーとして、取り組むFCを検討しようという方の求めているところとズレている気がします。

 

 

ただ、価格は300円弱、です。これが電子書籍のいいところ(笑)。集中すれば30分で読み終わる分量ですし、本の紹介文をそのまま期待はせずに、マルチフランチャイジーでFCを成功させてきた辣腕マネージャーからみたフランチャイズ、という視点を学ぶという意味ではKindleで読む価値はあると思います。

 


本日はこんなところで。