読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



SMAP騒動にジャニーズと週刊文春のオソロシさを改めて考える!

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。
 
 

 

テニス界激震!4大大会でも八百長横行か…ジョコ“誘われた” - ライブドアニュース ←ちょっとビックリですが、竹村です。

 

確かに相撲とかテニスとか1対1で相手と対決するという競技はやろと思ったら八百長は簡単なことですね。

 

 

さて、昨日の首都圏は雪の騒ぎで始まりSMAP終わった一日。というかこの騒動が起きてから日本中がSMAPSMAPSMAPだった感。

 

昨日は新宿での面談が終了して歌舞伎町で一人飲みをしていたら、居酒屋の一部でキャーと声があがり、その周りからパチパチと拍手が。何が起こったのかと思えばSMAP解散回避確定のニュースだったんですね。

 

「やっぱり彼らは社会の財産だから!」「世論の動きがひっくり返した!」とかなんとオーバーなことか、と思いながらも、不買運動ならぬあれだけの「購買運動」が起こるんですから、この社会現象を認めざるをえません。首相が「良かった」なんて言う話ではありませんが。

にしても、今回の騒動の謀反劇的要素、派閥抗争的見方はサラリーマンも巻き込みますから、これだけの話題をかっさらったのだと思います。

 

様々な方がコメントしてましたが、竹村的には報道ステーションの古舘さんの、

 

ファンあってのタレント、事務所あってのタレントですから。 

 

という一言が簡潔で核心をついている気がしました。

 

 

 

先ほどの表現で考えれば「社会の財産」はジャニーズ事務所という巨大権力に属しており、今回はその組織のカリスマTOPであるメリー氏が世論を受け入れ、一度決めたことを翻意した、ということですかね。

 

 今回ついKindleでポチってしまったこのインタビュー。

 

 
これ、今読んでもスゴイ取材ですね。確かに今回の騒動が二年前のこの記事から始まっている、ということが伝わります。そういう意味ではマスコミ取材記事が巨大なものを動かした、という例であり、週刊文春の「力」恐るべし、と思います。
 
f:id:ytakemura:20160119095820p:image
 
 
内容引用したいですが、ジャニーズは恐いんで控えます(笑)。興味ある方はKindleで100円ですから買ってみてください。
 
昨日の「SMAP×SMAP」での生会見でのネクタイの色、が話題になってますが、確かにあの衣装はキムタクだけ披露宴、他四人は葬式のイメージ。メインを中央をキムタクにする、ぐらいじゃなくて、そこまでエグくやるのがメリー式、なんだと思います。
 
 
 
さて、最後に今回の騒動、ニュースをフランチャイズであてはめれば…
 
加盟店の実績を無茶苦茶上げた辣腕のスーパーバイザーが、本部のカリスマトップと合わなくなり、切られた。加盟店は本部よりもその辣腕スーパーバイザーに恩も信頼も感じており…
 
というところでしょう。
 
ただ、ひと昔前と違い、こんな剛腕を振り回すようなフランチャイズ本部のトップというのは少なくなりました。時代に合わなくなりました。
 
あと、今回改めて思うのは週刊文春にはフランチャイズも気をつけろ!ですかね(笑)。
 
 
 
本日はこんなところで。