読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



雑誌「本の窓」の林社長のインタビュー記事 が素晴らしい!~メルマガ配信しました!

武田塾
竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。
 
 
 
 桂三枝文枝になっていたことさえ知りませんでした(笑)、竹村です。
 
まさに「歯切れが悪い」の見本のようなインタビューが見苦しい限り。メソメソしちゃいけませんよね。
 
 
 
さて、武田塾の林社長のインタビューが、小学館の雑誌『本の窓』の最新号に掲載されました。
 
 
f:id:ytakemura:20160222115556p:image
 
 
このインタビューがいい記事になっています。
 
途中竹村の名前も登場しますし、田町校のFオーナーも取材されています。
 
ライターさんがしっかり自分の考え意見をぶつけて取材して、さらに考えしっかり文章にしたことが伝わります。
 
 武田塾の場合、最初から悪評が消えないので、その耐性があるどころか、むしろ逞しくなっている。実は取材で林に会ったとき、自分のことを「うちは怪しいと言われていますから」などと必要以上に卑下して露悪的に話をするのが印象的だった。それは常にインターネットでの悪評があることとは無縁ではないだろう。
 
つまり、林は門を開けて全部見せるので、自分の目で見て判断し、選んだ後は自己責任だよね、というタイプなのだろう。その飾らないスタイルは、インターネットを舞台にしてきたことと関係あるに違いない。
 
なかなかスルドイこと書いてますよね。
 
結びの文がこれまた秀逸。
 
世間では、「いつやるか? いまでしょ」の林が有名だが、それとは別の有名人として林が注目人物になれるのか。何か世間を騒がす存在になりそうな気配だ。
 
 
 
こちらのWEB版で全文読めますので、興味のある方は是非。
 
 
昨日、メルマガを配信しています。
 
 
今週の内容目次です。
 

----------------------------------
1>竹村の一週間
2>【フランチャイズ本部「成功の新戦略」】
▼「フランチャイズの4S」と「本部の10の機能」~その1
3 >フランチャイズ人生相談
▼オーナーばっかり儲かっているのが不満でFC内転職を考えています!
4 >フランチャイズ用語解説
▼【立地診断<Location diagnosis>】
5 >今週の赤ペンチェック
▼人間は皆、わがままであり、それが前提である。
「指名される技術」堀江貴文斎藤由多加
6>竹村義宏物語
▼他人を「支援」する難しさ
7>編集後記
▼GIフェブラリーS予想!
---------------------------------- 

 

竹村の 週刊メルマガ「新フランチャイズ発想法」 登録フォーム

 

 

「赤ペンチェック」で紹介したのはコチラですね。

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術

 

 

メルマガで書いたとおり、内容的には薄いといえば薄い。ただAmazonのレビューはヒドすぎる気がしますね。とくにKindleのキャンペーンで500円くらい?で買った人のレビューの評価が極めて低い。「安いと思って買ったら内容がなさすぎ!金返せ!」みたいなのが連発です。

 

この感情の流れはちょっと注意しないとダメですね。

 

1000円のものを500円のキャンペーンで買って気に入らないと、「俺は500円でも高いと思うのにこれを1000円で買うやつなんて馬鹿すぎる!」と言いたくなる、心理です。

 

食べログ」のレビューなんかでもその傾向を感じますので、世の中の流れなんでしょう。

 

安くするほうが金返せ!と言われるわけですから要注意、です。

 

 

本日はこんなところで。