読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



ベネッセが「教育コンソーシアム構想」発表!? 竹村義宏事務所も新発表(笑)!

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。
 
 
 

地方塾の良さと進研ゼミプラスで全国の塾をフランチャイズ支援 ←なるほど~こうくるんですね、竹村です。

 

スクール21、信学会、寺小屋、熊ゼミと、イイトコついてますねぇ。

 

2020年までに1000教室、10万人は前から言ってましたが、ようやくその戦略が具体的になりました。

 

今回注目は、フランチャイズ大好きの原田さんが「コンソーシアム(Consortium)」というくくりを打ち出したことですね。

 

「一定の教育クオリティを持っていればどんな塾でも参加できる(原田社長)」という。とはいえ、原田社長が強調するのは「外食やコンビニの従来型のフランチャイズではなく、かぎりなく水平協業・分業にちかいパートナーとしてのアライアンスになる」

 

「コンソーシアム(Consortium)」とは同じゴールに向かってともに協業、共走する運命共同体、的意味合いが強いと思われます。しかし、このコンソーシアムに入るにはBenesseとのフランチャイズ契約が必要というところがミソ(笑)。

 

一定の教育クオリティを持っていればどんな塾でも参加できる」がその最初のぶち上げとして上記の4社。なかなか練ってますね。

 

このBlogで何度も書いてますが、原田さんは日本で数少ないフランチャイズの本質を分かっている方、です。

だから「従来型のフランチャイズからは脱却し」、なのです。

 

 

もう少し詳しく解説したいですが、本日は新しい発表があるので、そちらを。

 

 

とりあえず昨日深夜に流したニュースをどうぞ。

 

【新規事業のお知らせ】
株式会社A.ver(本社:東京都文京区、代表取締役社長:林尚弘)と竹村義宏事務所(本社:千葉県浦安市、代表:竹村義宏)は業務提携をし、アーリーステージのフランチャイズ展開支援をするパッケージを新たに提供する。
FCの専門家竹村の支援を受け、短期間で90校舎に拡大した武田塾のノウハウなどを用い、優れたビジネスモデルで可能性があるものをフランチャイズ化し、業務拡大を支援する。
優れたビジネスモデルを保有するも拡大方法に思い悩んでいる経営者の方は下記の問い合わせ先まで。
【株式会社A.verって?】
2004年12月設立。日本初!授業をしない武田塾、就労移行支援事業所リバーサル、日本初!痩せたら返金AVIEQなどを展開する。
【竹村義宏って?】
竹村義宏事務所代表。FC業界25年のFCの専門家。携わった代表的なFCは東進衛星予備校、ガリバー、牛角、トータルサービス、タリーズコーヒーなど他多数。近年はヒーローズ、武田塾、mammmaciaoなどに関わる。詳しくは下記HPに。
http://www.fc-takemura.com
【武田塾って?】
日本初!授業をしない塾。2006年1月にでき、2013年まで直営で2校舎しかなかったがそこからFC展開のテストを開始。2014年FC一般募集を開始し、2016年2月時点で全国90校舎になった逆転合格専門の塾。武田塾のほかにも魁!武田塾、武田塾MEDICALなども展開する。
【どんな支援をしてくれるの?】
武田塾などの成功事例をもとにし、ビジネスモデルのFC化と本部構築、加盟開発を支援する。
【どんなビジネスモデルが対象なの?】
教育だけでなく、全てのビジネスモデルが対象。
【話だけ聞いてもいいの?】
業種・業態を問わず、ビジネスの多店舗展開、全国展開を考えられている方は、お気軽にご相談ください。
【どう申し込めばいいの?】
下記の連絡先に気軽にご相談ください。
【本件に関するお問合せは下記まで】
竹村義宏事務所(代表:竹村)
FB: https://www.facebook.com/yoshihiro.takemura
Mail: info@fc-takemura.com
TEL:080-3933-9002

 

 ということで、今後、株式会社A.veとタイアップして、
新しいフランチャイズの発掘、育成、拡大を行います。
 
 
 
第0弾は既に密かに拡大済で、昨日第一弾のビジネスと調印、そして第二弾、第三弾と企てています。
 
昨日は、その第一弾フランチャイズの関連で、こんなセミナーに参加。
 
 
f:id:ytakemura:20160303091248j:image
 
 新聞のフランチャイズではありません(笑)。
 
この第一弾のフランチャイズについては明日紹介したいと思います。
このBlogで何回か書いてるところです。
 
 
 
本日はこんなところで。