竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



古着販売FC「ドンドンダウン」がカンボジアでますます好調!投資型フランチャイズのひとつの流れになる?

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

 

そろそろ梅雨入り?コインランドリーオーナー様が嬉しい季節!、竹村です。

 

 

さて、本日はネットで拾ったこの記事について。

 

business-partners.asia

 

竹村がカンボジアに最後に行ったのは約3年前。

その時もカフェブーム、という感じでこのブラウンコーヒーの店も行きました。

 

もう、スターバックスまで出ているんですね…

 

3年前の時点でこのブランカフェには、現地の方も多くそれも富裕層ということではなく一般の人、フツーの若者もカフェを楽しんでおり、驚きました。

彼らの給料で換算すると1杯2000円、とか3000円という値段だ、と聞いたので。

ただそんな値段のカフェを楽しむ人がドンドン増えていく、これが経済発展というもの。所得が上がって物価が上がってGDPが上がっていく。

 

 

記事の最後の部分に、面白い統計数字が出てますね。

クメール料理のレストランチェーンであるパークカフェが発表した統計によると、昨年、プノンペン市内220万人が、1日の外食にかける経済規模は153万ドル、うち朝食81万ドル、昼食72万ドルであるとしている。

 

これだと、夕食は一切外食しないのか!とつっこみたくなりますが、$1=100円で換算すれば1日あたり1億5千万規模の外食費?

年換算なら約550億円!

 

これはちょっとビックリですね。

日本は1億2000万人で外食市場は25兆ですから。

 

もちろんカンボジアという国の中で首都プノンペンが突出して経済成長している結果だとは思います。

 

 

カンボジアフランチャイズ、といえば以前このBlogで紹介した、コレ。

 

ytakemura.hatenablog.com

 

このBlogが半年くらい前、になりますが、この古着販売のフランチャイズ「ドンドンダウン」プノンペン市内でもうすぐ10店舗になりそうな勢いで展開中。

 

FCといっても現地の運営会社に店舗運営は委託する形式で。それでも初期投資回収が1年半。これは初期投資が700万をきる、という安さでできるから、ですね。

 

投資型フランチャイズの選択肢のひとつとして、海外FC投資、というのは流れになってくるかもしれませんね。

 

 

 

この「ドンドンダウン」のカンボジアプランについては詳しい資料をもらいましたので、ご興味のある方はご連絡下さい。

 

竹村の公式サイトのコンタクト欄からどうぞ!

http://goo.gl/ly7uXR

 

 

本日はこんなところで。

 

 

フランチャイズチャンネルも週5本でUPしてますので宜しくお願いします!

www.youtube.com