竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「商売に好不況なし。いずれにしても賭けねばならぬ」という近江商人の教え

竹村義宏のフランチャイズBlog

おはようございます。

 

昨日の夜の番組を見て「池上彰」さんに改めて脱帽した竹村です。

 

さて、世の中は一転、 「好景気期待ムード」 で年の瀬を迎えます。 ただ、あくまでも、現状は「期待」です。 恐らく、春ぐらいまでは、 この「期待感」で、ひっぱれると思いますが、 その後は「実態」は果たして? ということになります。 ただ、「起業」に関しては、 好景気、不景気で起業するタイミングをズラす、 というようなことを考える必要はないでしょう。 起業に関しては、 「不景気だから逆に有利な点」 もあれば、 「好景気だから逆に気をつける点」 がある、ということです。

 

正直、 不景気だから起業が難しい、 ということもないですし、 好景気だから楽、 ということもありせん。

 

近江商人の10訓」の最後の10番目が教えるとおりです。   

 

商売には好況、不況はない   

いずれにしても賭けねばならぬ

 

です。

 

さて本日は、新聞に注目記事がいくつかありますので、 ピックアップ。

 

まずは、 これ。

12月のネット消費の規模を前年同月比1割強増えて1兆300億円と試算する。個人消費全体の4.8%を占める。消費全般に停滞感が強い中で、好調ぶりが際立っている。

日本ではまだ、この数字ですが、 米国の数字に驚きですね。

 

米国はネット消費で先行しており、年末商戦でもそれが顕著だ。民間調査会社によると、11月はじめから12月中旬までのネット通販の売上高は338億ドル(約2兆9000億円)と前年同期比13%増。商戦開始時の11月下旬の感謝祭以降の4日間では、消費に占めるネット通販の比率は4割に上った。

「感謝祭以降の4日間では消費の4割がネット」 ですから。

 

本日の1面には、「ヨドバシ.com」の書籍のネット通販進出、も出ています。

書籍、無料で当日配送 ヨドバシがネット通販 アマゾンに対抗

 

 

日本でも、スマホでネット通販する高齢者層がどんどん増えていくでしょう。 そのへんについては、「シニア消費」研究の第一人者、 村田先生のこの本がオススメ。 

 

シニアシフトの衝撃 シニアシフトの衝撃
(2012/11/19)
村田 裕之

商品詳細を見る

 

 

そしてFC関連ニュースとしてはこれ。

 

大きな違約金を支払って、全てセブンに鞍替え、 という決着と思っていましたが、 「全120店舗のうち90をセブン、30をサンクスのまま」+違約金。 「違約金」の額は現段階で非公表です。 ただ、いくつかのこの種の裁判の決着により、 FC契約書における、 「競業避止義務」とそれに反する際の「違約金」 はかなり見直されることになりそうです。

 

あと、コンビニ関連では、 ファミマの社長交代、ですね。 ファミリーマート次期社長 中山勇氏(55) 伊藤忠出身、タフな交渉人 前社長の上田さんの功績はかなり大きいです。

 

「なぜこのタイミング?」感は少しありますね。

 

業界の一部では、 「ファミマによるサークルKサンクスの買収も」 なんて噂もありますが、もしかしたら、ですね。 「変化の激しい業界。早い意思決定で競争を勝ち抜きたい」 という決意、ですし、 上の記事によれば 「タフな交渉人」 ですから。 少し注目していきたいと思います。

 

近江商人―現代を生き抜くビジネスの指針 (中公新書) 近江商人―現代を生き抜くビジネスの指針 (中公新書)
(2000/05)
末永 国紀

商品詳細を見る