竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



Yさんから影響を受けたこと、学んだこと

竹村義宏のフランチャイズBlog
おはようございます。 今週の週刊現代には噴飯して拍手を送りたい、竹村です。 いくら先週ちょっとした「下げ」があったからって、これは流石に… このブログでも何度か取り上げましたが、 踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら~♪♪♪ と「アベバブル」をあれだけ煽ってきて、いきなりコレです。 一週前の号の特集は「アベバブルこの夏株価2万円の攻防へ」ですから。 そりゃ、ネットでも叩かれます。 週刊現代が一週間で日和る 「週刊誌」のやることですから、日和るな、節操ない、とか言いませんが、正直こんな編集方針のほうが「売れる」のか?疑問です。知り合いにこの手の輩がいたら、そいつの言うことなんて誰も信用しないでしょうし、友だちもいないでしょうから。 ま、読んでるほうも「先週のこと」なんか忘れちゃってるのかもしれませんが。 さて、そんな話は置きまして、昨日の話を少々。 昨日UPした記事にとある方の「一周忌」とか来ましたが、正確には「神道式」でしたので、「一年祭」と言います。 「神道」の考えでは、無くなった方は、「仏様」ではなく「神様」になるんですね。 で、昨年亡くなられたYさんに竹村は非常に影響を受けたのです。 Yさんは当時とあるメガフランチャイジーの部長をされていて、竹村は「車買専門店ガリバー」の営業で出会ったのです。 ガリバー契約後も何かと相談したり、されたりの関係を15年以上続けさせていただきました。 で、このYさんの何に影響されたか、Yさんに何を学んだか、という話を少し。 まず「何に影響されたか?」というのは、その 働き方のスタイル ですね。 大きな会社の部長さんでしたが、全くサラリーマンという感じではないのです。 自分の会社の仕事はイメージとしては半分もしていない。 「好き勝手やっている」というふうに見えました。 (正直最初にお会いした時は、この方と進めていて本当に契約が進むのか不安でした…) 「俺はハンフリー、だから。半分フリーなの。」 「竹ちゃん、これからはハンフリー・ボガートの時代だよ。給料もらってる会社のことだけ考えて尽くしてたって、いい仕事出来ないよ!」 その時は、Yさんだからそんなことできるのだろう、部長と言っても顧問のようなもんだろう、なんて色々言葉で理屈を探しましたが、やはり、 「そういう人を実際に見た」 というのは、その後竹村の働き方に大きな影響を与えました。 わかりやすく言えば、 そういう働き方に「憧れた」んでしょう。 そういう経験というのは、その後の人生を大きく方向付けをするのだ、と思います。 次に、Yさんから学んだ2つの事、です。 ひとつは、「人」「信用」の大切さ、そしてそのネットワークをつくることの「価値」ですね。 「情報」が多寡になればなるほど「信用」の価値が高まります。 Yさんのところには様々なネットワークから、本当に多くの「情報」が集まり、それが「信用」というファクターで選別されていた感じでした。「信用できる面白い情報」というのはこうやって出てくるのか、という仕組みがわかりました。 そしてもうひとつは、ビジネスのスタンスです。 一言で言えば、 ただで有料以上の価値を提供 してしまう凄さ、です。 コンサルティングと同等のアドバイスや、すぐにお金に変えられそうな情報まで、タダで教えてくれる。 「俺は会社から給料もらってんだからさ」 ということで。 当時勿論「フリー戦略」なんて言葉はなかった時代。 まさに、そんな戦略の「先」を実行されていた方です。 「情報」というのは「人とのつながり」の中で、「信用」という価値に変わる という事を教えてくれた方でした。 そういう意味では本当に「神」なのかもしれません。 竹村も「遺伝子」を受け継いだつもりで頑張っていきたいと思います。 本日はこんなところで。 「人気ブログランキングに参加中! ワンクリックが励みになります。
人気ブログランキングへ