竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



水木しげるさんの死で考える、妖怪「天邪鬼」のこと、フランチャイズの神様のこと…

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

 

Amazonプライム会員はどこまで進化するのか? ←確かに!竹村です。

 

この記事の「他社を無力化する」という表現は適切ですね。確かにAmazonは他社と競争している感じはしない。他社を無力化する戦略をとっている、ナルホドです。

 

実際竹村も2年前にKindle電子書籍を読むためにKindle Fire HDを買ってから、消費のかなりの部分がAmazon完結、Amazonにからめとられている、感じです。で、そこがかなり快感なのです。

完全にAmazonの戦略にハマってる口、です。顧客も無力化しますね(笑)。

 

 

 

さて、水木しげるさんが亡くなりました。

自宅で転倒したことがきっかけでというのが残念ですが、93歳ですから大往生、ですね。

 

 

f:id:ytakemura:20151201113309p:image

 

 

水木さんの、死と隣り合わせの厳しい経験をしてきた者だけが語れる優しさ、というのは好きでした。それをユーモアというか、トボケて語るのが水木節。

 

 

本のタイトルにもなりましたが、

 

「人生をいじくり回してはいけない」

 

というフレーズは、何度か人生で思い出した言葉です。

 

 

本当に「いじくり回して」ダメにしてしまう人は多い気がします。

人生も受験も「一冊を完璧に ©武田塾」なんですが(笑)。

 

 

「いじくり回さない」ための努力論、もなかなか。

 

幸せや成功というのは神様から与えられたものを、ありがたく頂戴するもの←努力の対価として手に入るものではない。

 

努力しても成功するのは一割くらい、だからあとは怠け者になってあきらめてのんびり暮らしなさい。

 

ここだけつまむと「経済弱者を肯定する」ととらえられてしまうかもしれませんが、水木さんのイイタイコトではありません。

 

人生をいじくり回してはいけない (ちくま文庫)

人生をいじくり回してはいけない (ちくま文庫)

 

 

いじくり回さず、あせらず、じっくり進んで行け、ということです。

 

 

 

あと、「妖怪」について、ですか。

 

まずは、「眼に見えないもの信じるか信じないか?」で人生というのは大きく変わるような気がします。

 

竹村的にはわりと信じる派ですね。

 

ご先祖様の霊だったり、やはりなんか「いる」と思う瞬間があります。

 

仕事で言えばフランチャイズの神様」だってどこかにいる、くらいの気持ちになる時があります。これまで仕事してきて「これはフランチャイズの神様が味方してくれているな」とか、「フランチャイズの神様に導かれている」と思う瞬間がありました。

だから「これをやったらフランチャイズの神様の機嫌をそこねる!」なんて思うことはしません(笑)。

 

 

馬鹿な話かもしれませんが、まぁ「考え方」ですから。

 

 

例えば、竹村は「私は天邪鬼(あまのじゃく)ですから」、という時の「天邪鬼」。

 

これも、妖怪です。

 

ゲゲゲの鬼太郎にも出てきますね。相手の妖気を先読みすることができる、という特殊な鬼で先読みして動くので、周りから見ればオカシナ動きに見える。

 

いやぁ、素晴らしい妖怪じゃないですか!こんな妖怪天邪鬼さんと仲良くできていたからこそ、竹村の今がある、みたいに思えてきました。

 

 

本日はこんなところで。水木しげるさんのご冥福をお祈りします。