竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「新生エキスパ」祭り!?宣伝メルマガその他に辟易しています…

竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

 

スタバで働きたがる若者たち ポイントは「教育システム」か ←確かにこれも理由ではあるんでしょうが…竹村です。

 

この「人手不足」の中スタバはアルバイト応募が集まるらしいですが、その理由は「教育システム」というよりは、居酒屋、ラーメン屋なんかに比べて、肉体的・精神的にハードさが感じられない=忙しそうじゃない・大変そうじゃない、からだと思います。スマートな制服もあってイメージがいい。

Soup Stock Tokyoなんかもこのご時世でも応募がスゴイ、といいますが同じ理由でしょう。

 

 

 

さてここ数日少々辟易していることがあります。

 

それは、「エキスパートメール」の宣伝、です。

 

なんでもエキスパートメールが「新生エキスパ」としてリニューアルされるようで、「総合アフィリエイト」のプラットフォームになる、とのこと。

EXPA アフィリエイト機能リリース記念

 

それはいいんですが、アフィリエイターの方々の煽りがものすごい。空前絶後のチャンスだ、エキスパ祭りだと。

チャンスしか無くてリスクゼロ、不労所得が寝てても入ってくるんだそうです(笑)。目の前に1万円札が3枚落ちているのに拾わないんですか?という勢い。

 

一列としてあげればSNSでは本もいっぱい書いてて第一人者であろうM宮義仁さんとかが、こんな感じで。

新生エキスパの本当の魅力について
まだまだ気がついている人が
少ないみたいですね。

いろんな人のメルマガを読んでいますが、
たぶん、わたしと与沢さんぐらいしか
本当の価値に気がついていません。わたしが
エキスパを使って
何をやろうとしているのか?

それは残念ながら、
わたしの2ティアの人しか
目にすることができません。ニヤリ

 

まぁ、これと同じような内容のメールが様々なメルマガで送られてきます。内容はみな同じ、「新生エキスパがトンデモナイことになりますよ、自分の2ティアになりましょう、それだけで大儲けきます!」という内容。みな同じなんで、自分の「2ティア」になった場合の特典合戦。

 

個人的にはこれはいい機会と思って、今回この「新生エキスパ」の宣伝メールを送ってくる方々のメルマガは全て解除することにしました。

 

そんな中、昨日とある方と面談したのです。2年くらい前に竹村のメルマガの読者ということで連絡をくれた方で、何度がメールで相談にのったことがある方です。

 

そんな方から「機も熟したんで一度お会いしたい」と正月明けに連絡がきたので、なんの機が熟したのか?は確認せず。昨日お会いしたわけです。

 

そしたらなんと!先方の目的は「新生エキスパ」の勧誘でした(笑)。

 

なかなかストレートな方で、

 

「竹村さんのメルマガスタンドを乗り換えて乗り換えていただき、メルマガやBlogで宣伝してくれれば謝礼をします!」

 

と提案してくるのです。

 

「全く興味が無い」と伝えると、

 

「どこがリスクですか?やらない理由はどこにもないと思います!逆に教えてください!」

 

と食い下がられるので、

 

「この集め方が気に入らない」

 

とだけ、答えましたがあまり伝わってなかったかもしれません。

 

 

「リスクがない」なんてものは全くリターンがないか、見えてない大きなリスクがあるかどちらか。「やらない理由がない」ほどいいものを、たくさんの人がこんな風に必死に提案してくるのがオカシイ。

 

そういうことです。

 

誤解無いように書いときますが、この「新生エキスパ」自体が悪いもんとは思ってません(というかよく調べてません)。ネットアフイリエイトでは相当な実績のある七星明さんの事業であり、それなりのシステムなんだと思います。

 

ただ、こんなやり方で集めたら集まるのはアフィリエイト目的の人たちばかりでしょう。それも「不労所得」「簡単にほったらかしで儲かる」という文句に惹かれて集まる「小銭拾い」のようなタイプの方ばかりになる。

 

そんな方々と混ざって情報発信し一緒にされるのは嫌、ですね。

 

アフィリエイト自体はネット時代のひとつのビジネスだとは思います。

 

新年のメルマガでも書いたように、今年の竹村のテーマは「儲かる人、企業を増やしていく」ことですので、小資本の個人が富むための手段としてのアフィリエイトを全否定はしたくないですが、今回の「新生エキスパ」祭りで儲けましょう!というような路線とは違います。

 

 

本日はこんなところで。