読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「ミドリムシが食糧危機を救う!」をイメージしてみる

その他
竹村義宏のフランチャイズBlog
こんばんは。竹村です。 今朝の記事で、 「ミドリムシ」 まで書いたので・・・ この本かなり面白かったので、 フランチャイズとはほとんど関係のない話ですが、よろしければ。
僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦
(2012/12/19)
出雲 充

商品詳細を見る
ユーグレナは昨日マザーズに上場して、 公募価格の2.3倍の値がついたようですね。 このところの株高もあって、 新規公開株はおしなべて調子が良いようですが、 調達資金の使い途は、「研究開発」 と言い切る会社にどれだけ人気が集まるのか? と思ってましたが、この本を読んで納得です。 創業者の出雲充さんは、高校生の時に、 「将来は国際連合で働いて、世界から飢餓や貧困をなくしたい」 と考えていたが、それに向かって勉強していくうちに、 「飢餓」問題は、先進国から乾パンを送るような方法では解決できない という結論に至るわけです。 そこから行きついたのが、ミドリムシ! 学校で習ったかどうかは忘れましたが、 ミドリムシ、というのは、  植物・動物両方の栄養素をつくれる んですね。 だから、 ミドリムシを培養することに成功すれば、人類の食料問題、環境問題、エネルギー問題が一気に解決できる んだそうです。 この挑戦の物語、なんですが、 「ゼロから創るベンチャー」 のノンフィクションには学びがあります。 そして、やはり、 自分たちの信ずる正しいこと を世の中に広めて、 ビジネスにしていくことの難しさ が伝わります。 「正しいことをやっているんだから、いつか必ず・・・」 では困るわけです。 「いつか」では企業は存続できません。 魅力的なベンチャービジネスほど、最初の期待値だけが上がり、 「いつか」がやって来ずに、消えていく・・・ というケースは多いものです。 このユーグレナには、最初は堀江さんのライブドアが出資しています。 いわゆる「バイオベンチャー」ですが、 思えば、 20年くらい前は、この「バイオ」という分野も、 「ネット」に匹敵するくらいの、 次世代の「超成長市場」と評された分野です。 この市場で「大企業」は出てません。 これから登場するでしょうか。 ただこの本を読めば、ユーグレナが、  人類の未来を背負った企業 であることは伝わります。 最後に、出雲充さんの言葉を紹介します。 人類の進歩に資するテクノロジーには、「サイエンティフィカリーコレクト」(科学的な正しさ)と、「エモーショナリーアグリーメント」(感情的な共感)の両方が必要 激しく同意、ですね。 本日はこんなところで。 これまで買う勇気はありません・・・
ユーグレナ・バー 6本入り [みどりむし粉末500mg配合]ほんのり甘いクッキーテイスト 自然のサプリメントユーグレナ・バー 6本入り [みどりむし粉末500mg配合]ほんのり甘いクッキーテイスト 自然のサプリメント
()
ユーグレナ

商品詳細を見る