読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



病気になるのは能力がないから!?高橋がなり節に「経営者の覚悟」を考える

大事な考え方 ★★★
竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

中国とは1500年仲良かったためしなし、確かにそうか、竹村です。

 

昨UUP「生活創庫」倒産の記事のため、いくつか改めて観た「マネーの虎」。 いい話、勉強になる話がありますよ。 ゴールデン・ウィークなんでもしかしたら「時間」がある方もいるかと思い、これをUPします。

 

番組内で初めて「マネー成立」した「おにぎりの移動販売」。 スポンサーは、高橋がなり氏(ソフトオンディマンド創業者)。

 

 

 

ただ、実はこれは「成立第一号」にも関わらず、 「その後」は封印されてたんですね。

 

何故か? 「成立」後、様々な災難に襲われました… とのことですが。 最大の災難、としてはこのマネーを獲得した女性が「ガン」と診断されるのです。 もう「移動販売車」も完成して、スタートというタイミングで2か月の入院。

 

 

2か月後に退院してきた彼女に言う、高橋さんの言葉がすごい。  

 

経営者ってのは病気になっちゃいけないんですよ。    

病気になるってことは能力がないってこと。    

これを理解できないと「経営者」になってはいけないの。

「こういう(ガンのような)病気でもでしょうか・・・」  そうです。  

だって「経営者」は全て「結果」なんだもの。    

頑張りました、とか一切関係ない。    

そういう運の無い人間は「経営者」になっちゃいけないの。  

僕がガンだと診断されたらどうすると思いますか? 「・・・」  

まず、「隠す」ことを考える。  

「経営者」は誰にも頼れないんですよ。

 

う~ん。スゴイですね。 トンデモナイ事を言ってるようですが、これがほんとうの意味での「経営者の覚悟」でしょう。

 

そして、彼女は結局この「壁」を乗り越えられなかったわけです。 自ら「リタイア」を申し出ます。 「人から出資してもらった」=自分の金ではなく他人の金でやっている、というプレッシャーに耐えられない、と。

 

「甘い」ですね。 彼女は家族のために6年間で2500万円の借金を返済してきた、という経験も持つ、「気合」の入った「強い」女性なのですが、「経営者」の器を目指せなかったんですね。 高橋さんが「自らの判断ミス」も含めて、今回の件を語ったPart3。

 

 

「世の中の経営者が聞いたら、理解ができない、間違いなく怒る」 という言葉が重いですね。 本日はこんなところで。 

 

 

高橋がなり氏は3度目、で成功なんですね。 

 

社長の遺言―三度目に成功する人生論 社長の遺言―三度目に成功する人生論
(2005/06)
高橋 がなり

商品詳細を見る