読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



「東進」永瀬昭幸社長の少子化問題をぶった切る「第三子出産で1000万円」案で塾業界喝采!

旬なビジネス
竹村義宏のフランチャイズBlog

こんにちは。

 

選挙戦が始まり今のところのマスコミの予想は「自公圧勝」ですね。

 

竹村的には圧勝に決まってる、と思ってましたが周囲に聞くと思ったより自民への風当たりは強いか、と感じていたら今のところ逆の分析ですね。 でも「選挙は魔物」。やってみなければわかりません。過去にも「選挙戦半ばで有利な予想が出てそこに安心してしまった」的な敗戦の弁を何度か聞きました。 最終的にはアベノミクスの恩恵を受けていない中間層以下の層が、「反自民」としてどれだけ投票に行くか、でしょう。当日の投票率次第、ですね。

 

さてさて、昨日は「月刊私塾界」さんの主催で、学習塾経営者を対象にした「プレミアムセミナー」が池袋メトロポリタンホテルで。 予定では下村博文文部科学大臣が、メインゲストで来られて基調講演をされる企画でしたが、解散総選挙により応援遊説により欠席。それで 株式会社ナガセ(東進ハイスクール)の永瀬昭幸社長はじめ、6人のパネリストによるパネルディスカッションに変更。

 

いや~久しぶりに永瀬社長の話をライブで聞かせていただきました。

 

思えば26年前にこの方と出会っていなければ「フランチャイズ」という仕事にも出会っていないわけで、竹村自身大きく影響をうけた方です。ただ、竹村が新卒で入社した時点では、東進が「フランチャイズ」をやる、なんてことは構想としても全くなかったわけで、そこからは全く偶然の流れ、なわけですが。 フリーで仕事してみて「自分はサラリーマンには全く向いていなかったなぁ」とつくづく思う今日このごろではありますが、新卒で入社した会社でこの経営者に出会い、いろいろありましたが10年も勤められたことに、感謝しますね。

 

昨日のセミナーでも永瀬社長の話はダントツに面白かった、ですね。

 

集まっている全国の学習塾経営者の方々に対して活力を与える、というスタンスで話をされていました。 学習塾経営者の「先行き」という意味で避けて通れない少子化問題。 それについて、 (今の減り方のペースだと)50年で人口は60%になる。そのままいったら200年後には日本の人口は1000万人!そっから50年したら、もう国が無くなってしまうんです、と前フリで脅した上で、

 

「だから私は、 第三子出産で1000万円を支給する という政策を提案したい!」 とぶち上げられました(笑)。

 

流石、永瀬社長ですね。 「これを決定すれば、小さい問題はおいといてみんな産む方向に行きますよ。そして人口ピラミッドである年から急に子どもの数が倍!になるんですから、景気も株価も一気に上る、これこそ究極のアベノミクス、ですよ!!!」 と永瀬節炸裂!です。

 

確かに!竹村家のように現在3人いるところは4人目2000万!だともっと嬉しい(笑)。 聴いているのは学習塾経営者ですから、こんな話を聞けば元気になりますよね。 生徒が減り続けてもうやめようか、と思っていた先生だって、あと5年我慢すればそこから小学生の数は倍になる、とならば希望をもって続けるでしょう。 永瀬社長の「心をつかむデッカイ話」というのは超一流だ、と改めて思った次第です。

 

本日はこんなところで。