竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



なぜ打球の飛ぶ先に「東進ハイスクール」の広告があるのか?

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。竹村です。 本日二度目の記事UPです。 昨日の記事でも触れましたが、絶好調イチローワールドシリーズで観たい、 とかなり真剣に応援しております。 これは2年前のワールドシリーズから。 ヤンキースイチローワールドシリーズが実現したら、この 東進ハイスクール の広告がどれだけ出るだろう?なんて考えています。 この東進ハイスクール、竹村が新卒で入社した企業です。 この企業で東進衛星予備校というフランチャイズの立ち上げに関わったのが、 仕事ととしてのフランチャイズとの出会いです。 当時、永瀬昭幸社長からは沢山のことを学ばせていただきました。 とくに、「広告・宣伝」は永瀬社長の得意分野で、本当に色々勉強させていただきました。 今考えても永瀬社長は、 天才マーケッターであり、天才コピーライター でした。 当時(約25年前)は、予備校といえば、駿台代ゼミ河合塾が三大予備校。 生徒の駿台、講師の代ゼミ、机(設備)の河合塾、なんて言われてた時代です。 そこに、「東進」はまだまだ「新興勢力」であり、あの時点で三大予備校の市場をひっくり返す、なんてほとんどの方が想像していませんでした。 三大予備校は「学校法人」であり、東進は「株式会社」ということもあり、「広告・宣伝」に力を入れている、というイメージはあったと思いますが・・・ 生徒の質でもない、講師の質でもない、学習環境の良さでもない、「広告・宣伝」の東進が勝つなんて、当時誰が予想したことか。 永瀬社長は、 「良い教育をしているから生徒が集まるんじゃない。 良い教育をしているということを、どれだけ沢山の人にどう伝えるか、 それが大事。」 と「広告・宣伝」の分野は本当にこだわっていました。 私の実家が酒屋の商売をしているということで、 「なぁ、竹村、サントリーとニッカでサントリーにならなきゃだめなんだぞ、品質・味だけこだわっててもダメ、イメージ・評判をどうつくるか、そこで勝負が決まるんだ!」 なんて例え話で、いろいろたたきこまれました。 当時は、酒と教育は一緒か? なんてチラと思った気もしますが、そこから25年。 「全く一緒だ」と心から思います。 当時から「第二文部省をつくる!」とか、夢がデカイ経営者でした。 教育は「公」では変わらない。「民」で変える。 そんな大きなビジネスを成し遂げるためには、 「広告・宣伝力」が必ず必要、 だったわけですよね。。。 今でも、テレビのスポーツニュースで、外野に打球の飛んでいく先に「東進ハイスクール」の宣伝広告を見つけると、 様々な分析統計からあの位置の広告を決めているのだろうな、と思います。 打球の飛ぶ率、テレビに映る率・・・ 永瀬社長が、絶対「最大効果」がある位置、にこだわっている、はずです。 そんなことを思いながら、イチローワールドシリーズの活躍に期待!です。 本日はこんなところで。