竹村義宏のフランチャイズBlog

フランチャイズ業界25年これまで30を超えるFCに携わった竹村のブログ。2015年5月FC2から引っ越し。

フランチャイズ業界25年 FC専門家の情報発信。
竹村義宏公式ホームページ www.fc-takemura.com



早期退職当たり前の今こそ「成り上がり」のエネルギーを!

竹村義宏のフランチャイズBlog
こんにちは。竹村です。 ルネサス、早期退職に7500人。 早期退職に7511人応募 ルネサス、整理解雇回避 想定より2000人多い応募、ということです。 「大企業からの早期退職」は今後も「起業」のマーケットの中でキーワードになります。 竹村の大学時代の友人でもいくつかのケースが出てきています。 リーマンショック後に日○証券で早期退職に応募した友人の言葉を、今でもよく覚えています。 「早期退職で退職金が大幅に割増になるんだから。でも、一時的にこんな大金を払ってでも、長く勤めて欲しくない、ということ。そう考えるとやはり悲しい。」 その気持ちはわかります。 ただ、「早期退職」の場合は、「なぜこのようなことになったか?」を考えてもプラスにはなりません。「会社の戦略の間違い」だろと「その中での自分の働き方の問題」だろうともはや関係ないのです。 考えるのは、「今後」のことだけですね。 そんなことを考えていたら、ヒーローズ堀之内校の小林オーナーがまた、いいブログ書いてます。 ヒーローズ堀之内校の推薦図書 矢沢永吉「成り上がり」 「アー・ユー・ハッピー?」 が塾の「推薦図書」です。 特に、「成り上がり~Haw to be BIG」は受験生の永遠の必読書だと竹村も思っている名著です。 こういう本を「推薦図書」にできるのが「塾」のいいところです。 小林さんのブログがあまりにイイので少し長めに引用。 ここから。 >テストが返却されて、 >自分の目標点数に対して低くてもヘラヘラ… >頭にくるのを通り越して悲しい。 無力感さえ感じるよ。 >でも「悲しい」とか「悔しい」とか「ありえない…次は絶対!」っていう子もいる。 >言わなくてもその後の態度の変化で感じる。 >そう悔しさ。 >とっても重要。 >だって自分はもっととれると知っていたんだから。 >感じてよ。 悲しさ。 悔しさ。 >それで次がある。 >そんなコバヤシこそ悔しさは人一倍強い。 >「今に見てろよ」とか。 >「オレはこんなもんじゃねぇ」とか。 >何年も何年も感じていた。 >それで今ヒーローズやっている。 引用ここまで。 どうです。 こういう先生が教えるから子どもたちは「変わる」んです。 「今に見てろよ!」「俺はこんなもんじゃない!」 この「人間エネルギー」です。 「早期退職」を決断された方は、是非、もう一度この名著を読んで欲しいですね。 世代的には結構な方が一度読んでいるのでは?と思いますので。
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
(2004/04/24)
矢沢 永吉

商品詳細を見る
「このままでは終わらない」というエネルギーをためて「早期退職」された方の「起業チャレンジ」を待っています。 ということで、マクドナルド創業者、レイ・クロックの至言を紹介。 成功の条件は? レイ・クロック流「Haw to be BIG」です。 才能?才能は違う。 世の中には才能があって失敗している人が沢山いる。 天才も違う。 恵まれなかった天才はことわざになるほどいる。 教育も違う。 世界には教育を受けた落伍者で溢れている。 「信念」と「継続」だけが全能である。 そうなんです。 成功の条件は「信念」をもってやり続ける、だけなんです。 で、その「信念」の源になるのが、 「今に見ていろ」という“成り上がり”的エネルギーなのだ、 と思うのです。 ちょっと熱くなりすぎたので、日曜夜じゃないですが特別に一曲。 本日はこんなところで。